コラム

 公開日: 2011-12-13 

最近はまた地震が多い

困りましたね!?
最近また地震が多くなってきましたね!
災害が最小限で済むように祈るばかりです。

さて3月11日は当社も当社のスタッフや元スタッフにも被害がありました。

親戚なども入れたらきりがないのですが多くの取引先も被害にあいました。

かみさんの実家も津波に流され、元スタッフの家は半分以上流され壊され
取引先は建物も人ごと津波に飲み込まれたところもありました。

震災直後はみんな携帯もつながらなく、凍てつく寒さの中、電気の通っていない暗闇の中で
過ごした人が大勢いたと思います。

先行きが不安な日々が過ぎ、各種情報を通じて明るみになっていく現状のむごさでした。

何か自分たちにできることがあるはずだ!ということになり
私を始め連絡の取れたスタッフと実家の親と相談し震災から三日目以降3日間炊き出しをしました。

幸い協力者も出てきて、あの本当に寒かった震災6日目の夜の吹雪の中、残ったスタッフ用のうどんを細かく砕き吹雪の中重い寸胴を父親と20分前後歩き近隣の夜食が切れてしまった避難所の小学校に温かいままの食べ物を運べたことはよくやったと自分をほめれるし、やれてうれしかったことです。

炊き出しを親父がやろうとしたときに地域の組合長さんのところに協力のお願いに行った際に
「今頃そんなことしたって・・・」と玄関先で文句らしからぬことを言われてきたそうで
炊き出しを3日間やり終えたときには自分たちの食べ物もあまりなく不安もあったものでした。

親父と初めて抱き合い(ハグ)し涙流しながら「やってよかった」と言ってくれていました。

その後この組合長さんがお店に謝罪に見えたらしく親父を行政の人だと思っていたらしく
「不満をぶつけてしまって申し訳ない」とあやまってこられたそうです。
この時も親父は当時の悔しさとの反動への大きな喜びが押し寄せてまた涙してました。

震災直後は人の気持ちやあり方がよく見える時期でもありました。
本当に困ったときに自分には何ができ、人のために何を行動することができるのか?
商売人としてよりもまずは人として、どのようにして生きていきたいと思えるのか・・・

もうこのような災害は来ないでほしいですが。

もし、どこかの地でこのようなことが起こった場合
私たちの会社ではその地域にできるだけ必要なものを早く持っていくようにしたいと思います。
時間の経過した状態ではより大きな団体や行政が影響力を駆使して動きます。

ただ、あの日の夜に毛布1枚あったら助けられた命があったのではないかとも思えます。

あの日はちょうど娘の卒業式の服を買いにアウトレットに行ってました。
海側のアウトレットであれば私も津波に遭遇していたと思います。

貴重な残された命を大切に使っていきたいと思います。

亡くなられて遺体の見つけることができた御家族はまだ幸いかとも思いますが
見つからない、または見つけられない家族のお気持ちを思うといたたまれません。
時間が心の傷をいやすのをただ祈ることしかできないほどのむなしさでもあります。

家を流されたりみんな心の傷の深さや程度は違えど、ゆっくりと傷はいやされていくと信じます。

みんなで支えられること、少しだけでいいから、誰かのためにもいつもより一個だけでも多い
思いやりのある行動が、人との交流で生まれて、その結果、人の傷ついた部分を癒されて行くのを仮設住宅で暮らす、かみさんの実家のご両親を見てて思い知らされていく日々です。

今日は亡き榊原弁護士の奥さんから電話があり、被災地に理美容店舗用設備一式を提供したいがどうしたらいいかという全体のコーディネイトの相談がありました。

お話によれば今朝の新聞で仮設住宅に床屋ができて喜んでいるところがあるという記事を
目にしたらしく仮設住宅用の理美容施設として利用してもらいたくていたようなのです。

早速、私の人生では私の家族からも一番の信頼のある先輩の蘓武さんへ連絡をとりました。

トラックのレンタル費用は出せる段取りが組めそうだということで
レンタカーが手配さえできれば地域の理容組合を通じて被災地の仮設住宅用に椅子5脚と
棚10個他備品などが寄贈されることになりそうです。

私も先輩もいつでも運ぶ手伝いに行く準備は考えていますが、今回は東北大学の学生さんたちが集まってくれそうだということなので心強いものです。

皆さんも精神と肉体の健康には留意し寒くなる冬にも十分風邪などひかぬようご注意頂き
少しでも心温まる良い日々を送っていけたらいいと思います。
そして、お互いに来年に向けてこそ良い年となるようにしてまいりましょう!

ちなみに今は売り切れで殆ど昼しかやっていないので親の店はいつか機会があったら紹介します。
人気メニューは特上天ざる、と天ざる、そしてみんなに長い間支持されている
かつ丼付きの定食(そばうどんは温かい・冷たい選べ、ラーメンにもできます)は間違いなしです。

この記事を書いたプロ

廃車買取専門店 ロハス [ホームページ]

販売職 相澤英宏

宮城県仙台市青葉区荒巻本沢1丁目14‐15 [地図]
TEL:0120-64-0814

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
廃車買取専門店ロハスアンケート結果

他社では車両本体価格0円で、逆に(リサイクル廃車料金合計で)金額を払う状況でしたがこちらではその金額がかからないとき規則電話しました初めての廃車手続きでした...

 
このプロの紹介記事
相澤英宏 あいざわひでひろ

「査定0円」に泣くドライバーを笑顔に変える(1/3)

 皆さんは車を売却した経験はありますか。大切に乗り続けた愛着のある車を、いざ手放すとなったとき「数万円でも値段がつけば…」と期待した査定で、「0円です」、「廃車引き取り料がかかります」そんな答えが返ってきたらショックは大きいですよね。 ...

相澤英宏プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

店名 : 廃車買取専門店 ロハス
住所 : 宮城県仙台市青葉区荒巻本沢1丁目14‐15 [地図]
TEL : 0120-64-0814

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-64-0814

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

相澤英宏(あいざわひでひろ)

廃車買取専門店 ロハス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
■突然のマイカー故障!修理して直す?それとも廃車にする?

事故や経年劣化、アクシデントによる故障は嫌なものですね。車は高い買い物です。そして修理費用もそれなりにかか...

・車買取業界の仕組み~その1~全国展開有名店と地域オリジナル店

車買取業界で私ほど多く「車買い取り店舗経営者」と広く直接かかわれた方は全国的に見ても少ないのではないかと思...

・車買取業界の仕組み~その2~車買取専門店の昔(オイルショック)と今(バブル崩壊後)

車は一般的に見たら家に次ぐ大きな買い物です。もし、景気が悪くなり生活費を切りつめたいと行ったときに家を売...

・車買取業界の仕組みその3オークションと小売

オークション会場は全国に150か所以上あり、実際には日本以外にもあります。この会場には出品する側と落札する側...

・車買取業界の仕組みその4買取店の販売用在庫情報とは?!

車買取専門店と言われる店舗は、たいていグループ内外の自動車入庫車情報をいつでもインターネット検索できるしく...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ