コラム

 公開日: 2016-12-27  最終更新日: 2017-02-13

楽しい子育てには、ママが「育メンパパ」に育てちゃおう

幸せと健康づくりのプロ
開業保健師 鈴木由美です。

子どものことやって
家事やって
そこに仕事まで持っていたら
ママ一人では頑張れません。
育メンパパだったらとても楽ですね。

なんだか最近むしろ夫(パートナー)が子どもに見えてきた?

子どもが出来たってわかった時にはすごく喜んでくれたのに
実際に生まれたらアレ?なんだか変?
ってことはありませんか?
・言われたことは喜んでやってくれるんだけど
言わないと何もしない。
・何も言わなくても先回りしてやってくれるけど
そこじゃないんだよね
反ってやり直すから手がかかる
・やったとほめないと機嫌が悪い
・子どものことに集中してると、夫(パートナー)の機嫌が悪くなる。
・家事やっている時に限って私を呼ぶ、しかも大した用事ではない。

夫(パートナー)も孤独になる

子育てはなれないと自分が孤独な気分になるけど
夫(パートナー)も孤独な気分になるものです。
「僕のことも、かまって。わかって。」
特に、外で
「私のことを分かってください。認めてください」っていう人と関わているとなおのこと。
もちろん、仕事と家庭は切り替えて帰って来ているつもりでしょう。

ママも孤独になっていませんか?

こんなに頑張っているのに分かってくれないの?
認めて欲しいのはこっちだわ
なんてね。
お互いに「わかってちゃん」
「かまってちゃん」になっていたとしても
子どもがいないときは問題なかったことでしょう。
お互いに「そうだったんだね。頑張ってんだね」とか
「可愛いね」
「素敵だね」
「好きよ」って言い合えたことでしょう。
実際に、服を着替えさせたり
食事させたり眠らせたり
子育ては時間も手も子どもにかけていくから
夫婦のコミュニケーションがおろそかになる。

そんなの当たり前よ。甘えないで!なんて言ってると

パパさん(夫・パートナー)の愛情が枯渇してくるのです。
この満たされない感は結構根が深いです。
理屈では分かっているのです。
「大変だね、手伝うよ」って言ったほうがいいことも
育メンの方がいいことも
でも、愛情が満たされていないと錯覚している時は自分を想うようにコントロールできません。
たぶん、お互いに「わかってちゃん」を悪循環してしまう。

では、どうやって育メンになってもらうのか?

1、自分自身の状態を認めます。
 「かまってちゃん」「認めてちゃん」になっていると
お互いにそうだから、強く反応が出てるだけ。
仲が良いほど激しく出ます。
つまり、仲が良い証拠。
嫌われているわけでも、責めてるわけでもないのです。
「孤独で可哀想な私」「もっと頑張る私」も根は一緒です。

2、つまり中庸の状態からズレてますから、一口お水でも飲んで深呼吸
「本来の自分に戻った」とか「自分大好き」ってつぶやくことでリセット

3、夫(パートナー)に甘える
愛情が欲しいのですから、甘えた方がいいのです。
具体的に「あれやって」「これやって」と指示します。
そして、やってほしいことや役に立つことをやったら「ありがと♡」って言えばいいのです。
相手は承認されたくてうずうずしているのですから。
言わなくてもわかるでしょ!
察してよって言うのはタブー
あなたと同じように初めてのことは分からないのです。
相手を尊重して素直にお願いして感謝する。
その繰り返し

4、順調に育メンになってしまったら、ヤキモチ焼かないこと
男性って、はまるとすごい。
女性が気がつかない工夫やプランを立てるとに能力発揮してこちらがヤキモチ焼いてしまうことも
そんな時は、もしかしたらあなたが相手をコントロール下に置きたくなっているのかも

この子をどう育てていくのか?
どう育児を楽しむか?
二人でゴールを描いてね。

二人の関係から子どもたちは人間関係の基礎を学んでいきますから。
お互いに中庸(本来の自分)の状態で話が出来たらいいですね。

由美


自分や家族との関係を振り返って見る機会にいかがでしょう?

↓↓↓

実を生きて輝くレッスン&アイシン波動ワークショップ一覧 で!
☆1☆ ワークショップ ~自分を幸せにする、元気にする生き方~ 1/29
☆2☆ 勉強会     ~自分を生きるとは?~         1/28
☆3☆ 個人セッション 人前では話したくない個人的な悩み    1/26~30
☆4☆ 先生方とおしゃべりランチ会  1/26
☆5☆ 先生方との仙台セリ鍋と牡蠣の夕食会  1/28 17時   

毎日届くメルマガで、状態管理はこちらから

健康で幸せに生きて行くお手伝い
支援者共育コーチング

全ては自分発信!


毎朝届く メルマガのお申し込みはこちらから
波動deハッピィレッスン

この記事を書いたプロ

一般社団法人健康支援フレッシュ・キラリ [ホームページ]

鈴木由美

宮城県仙台市太白区東郡山2-22-7 [地図]
TEL:090-1937-6233

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
鈴木由美 すずきゆみ

自分のすべてを受け入れ、幸せ体質に(1/3)

 ストレス社会ニッポン。現在、うつ病など心の病を抱えている人は100万人以上いるといわれています。また、病気までとはいかないまでも、実は、モヤモヤした気持ちを抱えている…という方も多いのではないでしょうか。 そんなあなたにご紹介したいのが...

鈴木由美プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

長年の保健指導経験に基づいた、話しやすさ

会社名 : 一般社団法人健康支援フレッシュ・キラリ
住所 : 宮城県仙台市太白区東郡山2-22-7 [地図]
TEL : 090-1937-6233

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1937-6233

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木由美(すずきゆみ)

一般社団法人健康支援フレッシュ・キラリ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「実」を生きて輝くレッスン受けて良かったことベスト3

1年半ほぼ毎月受講して変わったことは 1つ目、生理痛が消えた...

N.M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
スクールカウンセリングからコーチングへの移行

真面目な教育現場の先生は自らカウンセリングを習得し保健室等の来談者に実際に使ってきた。けど、10分と...

[ 研修 ]

割りを食う子どもたち

こんにちは支援者共育コーチング鈴木由美です。優位感覚の話は聞いたことはありますか?それによって誤...

[ 子育てママ ]

自己肯定感のあげ方

支援者共育コーチング鈴木 由美です。 「私、自己肯定感低いんです。」何気ないおしゃべりから私...

[ 女性のメンタルヘルス ]

「怒り」が消える波動理論

波動って何?つまり、身体波動理論で何をしてるの? ありのままの自分に気づき受け容れることでこ...

[ 女性のメンタルヘルス ]

あなたの話は誰が聞いてくれるの? 愚痴を愚痴で終わらせない

人に関わる仕事や生活をしている皆様へ成長し、問題解決する力は相談者や子ども自身にあるそしてそれは、支...

[ 女性のメンタルヘルス ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ