プロTOP:大友伸太郎プロのご紹介

老化に病気の後遺症…。歩行に困難を感じたら、連絡を!(1/3)

大友伸太郎 おおともしんたろう

必要なのは歩くことへの“やり直し”

超高齢社会を迎えた日本。平成27年度の内閣府「高齢社会白書」によると、65歳の高齢者人口は過去最高の3300万人となり、要支援、要介護の数も540万人を突破しました。
そんな超高齢社会の強い味方が、今回紹介するリハビリのプロである「福祉旅行社」の大友伸太郎さんです。理学療法士である大友さんは、「私たちは、高齢者の方や病気の後遺症のある方に向けた、“いつまでも自分の足で歩く幸せ”のお手伝いをしています。『旅ゆかば』というデイサービス、『福旅』という旅のお手伝いをするサービス、そしてオーダーメイドインソール『S-foot』の3本柱で運営しています」と話します。
現在の日本では、デイサービスは大きく4つに分かれます。ナーシングと呼ばれる療養が必要な方の施設、認知症の患者さんを預かる施設、リハビリを目的とした機能訓練特化型施設、そしてレスパイトと呼ばれる一時預かりの施設です。『旅ゆかば』は、リハビリを目的とした機能訓練特化型施設で、要介護1、要支援2の方、中には要介護3、4の方もいらっしゃるそうです。「みなさんに共通しているのが“もっと自分で動きたい”という思い。うちでは、もちろん歩くことをメインにしているのですが、それ以外にもストレッチポールやバランスボール、ノルディックポールを使って、“歩く動作に行く前の体作り”をしっかりやります。そして、利用者さんの歩けなくなった要因を解析して、歩くことに対しての“やり直し”をする。そうすると“ああ、そうだった。この感覚だった”自然と思い出して歩けるようになる。だから、時々、家族の方に言われるんですよ。“突然歩くようになって怖い”って(笑)。利用者さんも、持っている杖をここに忘れていったりしますしね」と笑います。

<次ページへ続く>

【次ページ】 リハビリ室でのリハビリでは不十分!

最近投稿されたコラムを読む

大友伸太郎プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

利用者さんの「歩きたい」気持ちに応えること

会社名 : 株式会社 福祉旅行社
住所 : 宮城県仙台市宮城野区新田1丁目20-3 [地図]
TEL : 022-794-8294

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-794-8294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大友伸太郎(おおともしんたろう)

株式会社 福祉旅行社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
参加型イベント開催の真の目的とは

私の会社で運営している 自分の足で出歩くためのデイサービス「旅ゆかば」 では時々利用者さんを対象にイベント...

[ デイサービス「旅ゆかば」 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

大友伸太郎のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は大友伸太郎さんが更新している外部メディアサイトです。

facebook
Facebook
ページの先頭へ