コラム

 公開日: 2012-06-12  最終更新日: 2014-06-04

快眠のコツNO.16  

縄文時代や、弥生時代の竪穴式の最も原始的な住居は、床は土間で壁が土という構造で、寒さや湿気に弱いため、木製の台を作り、竹のすのこを編んで床を張り、その上に毛皮や編草を敷いて寝る、という生活でした。つまり、大昔の日本人はベッドの生活をしていたのです。



中世の武士の時代になると、畳の上に「薄べり」を敷いて寝ていたようです。「薄べり」とか「しとね」というものが発達したのもこの時代で、これが発展して現在の「ふとん」になりました。中世の末期に朝鮮から綿の種がもたらされ、戦国大名たちは競って綿花の栽培を奨励し、当時は武具や火縄銃に使われていました。やがて一般庶民の衣料になり、その後寝具に使われるようになったのです。

寝具や寝室環境の研究が進み、枕の高低・素材、ふとんの固さや重さ・保温性・吸湿性など、人間の身体と寝具・環境との関係が明らかになってきました。最近では、ふとんの中の温度・湿度が睡眠に大きく影響していることが解明され、それを寝床内気候(就寝時、寝具によって体の周囲に形成される微気候)とし、快適睡眠のための寝床内における温度・湿度が数値として明確になってきました。快適範囲の温度は33℃プラスマイナス1℃、湿度は50%プラスマイナス5%を目安にしています
この寝床内気候を適正に保つ温熱環境や、寝具の条件を整えることが、快眠のための大きな条件となります 。季節によって寝室環境の温度・湿度条件は変わります。寝床内気候を適正に保つためには、当然、四季に応じた寝具の組み合わせが必要なのです。


快眠への近道!! http://www.kaimin-hiroba.comクリック

この記事を書いたプロ

快眠ひろば 大沼寝装店 [ホームページ]

大沼美智子

宮城県角田市字梶賀一里壇139-5 [地図]
TEL:022-462-3306

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ピローフィッターの大沼さん

睡眠の質を向上させて、人生の3分の2を豊かに!(1/3)

みなさんは、1日何時間くらい眠りますか? 朝、起きた時にすっきり目覚めることができていますか? 日本人の平均的な睡眠時間は、7時間から8時間といわれています。あなたが80歳まで生きるとすると、およそ24年も眠っている計算になるのです。人生の...

大沼美智子プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

県内に1台の「フルボディトレーサー」で体にぴったりの枕を作成

店名 : 快眠ひろば 大沼寝装店
住所 : 宮城県角田市字梶賀一里壇139-5 [地図]
TEL : 022-462-3306

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-462-3306

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大沼美智子(おおぬまみちこ)

快眠ひろば 大沼寝装店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
当、快眠ひろばのおススメする寝具が・・・・・で科学的に実証されました。
イメージ

西川リビング、大阪市立大学との共同研究で科学的に実証!  身体に合わせた敷き寝具が睡眠の質・日中の疲労を軽...

[ 睡眠科学 ]

9/1より オーダー枕 仕様変更になります。
イメージ

FIT LABO . オーダーメイドまくらでファーストクラスの眠りを 日本全国に"ファースト...

今使っているお布団!!大丈夫??
イメージ

羽毛布団オーダーリフォーム好評です。シングルリフォーム 25000円より受付中です。オーダー枕無料体験会...

快眠のコツNO.1
イメージ

コーヒーや味噌汁の香りが目覚めに心地よいように、香りが眠りと目覚めに与える精神的(生理的)な効果も見逃せま...

ふとんエステ始めました。
イメージ

もうすぐ夏ですね!一年頑張った、お布団に活力を!!&ご褒美を!!銀イオンを吹き付け専用の乾燥機に...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ