コラム

 公開日: 2018-02-01 

正しい「歯茎マッサージ」で歯周病予防

歯を支える歯茎の健康を守ることが、歯周病予防になります。歯茎を健康に保つために欠かせないのは正しいブラッシング。そして歯茎マッサージです。家庭でも手軽にできますが、正しいやり方を覚えるために歯科医で受けてみるのもいいでしょう。

歯茎マッサージの目的と効果 

歯は噛むたびにその人の体重ほどの圧力がかかります。大きな圧力に耐えるためには、土台となる歯茎、つまり歯肉と歯槽骨がしっかり支えなくてはなりません。メインとなるのは歯槽骨です。歯槽骨は歯肉の免疫細胞のバリアに守られています。

歯肉もなくてはならないものです。歯槽骨を覆っている粘膜組織の歯肉は、食ベカスが歯と歯槽骨の間に入ることを防いでいます。また、歯肉には数多くの毛細血管が通っていて、血流で運ばれる免疫細胞が口内の細菌や毒素を撃退してくれています。このように、普段はあまり意識されることがありませんが、歯肉は歯や歯槽骨を守る要となっています。
歯はもちろん大事ですが、それを支える歯肉の健康があってこそです。

歯の周囲の毛細血管の血流が悪くなっていれば、酸素や栄養が十分に行きわたらないために口内の免疫力が下がり歯周病にかかりやすくなります。口内のマッサージをすることで歯肉の血行が改善され、歯周病の予防となるのです。

口内の血の巡りを良くするだけで歯や歯肉の不調が改善されることもありますし、本来備わっている自然治癒力も上がります。頬や口元が刺激されることでアンチエイジングにもつながることが期待されます。

歯茎のチェックポイント

健康な歯肉は白っぽいピンク色をしています。三角の山形も、きゅっと絞ったような角度がついています。歯肉にくぼみや毛穴のようなものが見られることもあります。

これが歯肉炎になると、赤くはれ三角の部分がふくらんだ山形になってきます。炎症が進むと歯肉全体がブヨブヨとしてきます。

ブラッシングの方法

歯周病の初期段階ならば、歯科医できちんとクリーニングをしてもらった後、自分で正しいブラッシングをしているだけで症状が軽減します。中程度以上であっても、適切なブラッシングを施すことで症状がやわらぎ歯周ポケットも浅くなります。

ブラッシングは毎日やっているという人がほとんどでしょう。それでも、正しく磨けている人となると、その数が激減します。3つのポイントを意識して、取り組むことで効果的にブラッシングできます。

1つ目のポイントとして、歯と歯肉の境目にブラシが当たっているかどうかということが挙げられます。
歯と歯肉の谷間となる部分は磨きにくくプラークが溜まりやすい場所です。ブラシを歯の表面に直角にあてがちですが、それでは取れません。
これを取り除くためには歯の表面に対して歯肉に向かって約45度の角度でブラシを当てましょう。こうすることで、ブラシの毛先が入りこみ内側のプラークを掻き出すことができるようになります。

2つ目は奥の臼歯がブラッシングできているかどうかです。
上下の歯列の一番奥の歯は、プラークが溜まり虫歯となりやすい場所です。当然、歯周病にもかかりやすくなります。
確かに、普通の歯ブラシではヘッドが入り込まず磨きにくい場所です。ここはブラシを替えるのが手っ取り早く確実な手段です。ヘッドが細くとがったような「シングルタフト・ブラシ」が適しています。柄の部分も折れ曲がっていて、奥歯が無理せず楽に磨けます。

3つ目は歯と歯の間が磨けているかです。
歯周病や加齢によって歯肉が下がり、歯と歯の間が露出してくると、どうしてもプラークが溜まりやすくなります。やはり形状的に普通の歯ブラシでは上手くフィットしません。糸状のデンタルフロスでも根元部分は掻き出しにくくなっています。

ここでは歯間ブラシの出番です。針金のような細い本体にぐるりとブラシがついているものです。サイズがいろいろありますが、自分の歯の隙間に合わせて太さを選ぶことが大切です。細すぎればプラークに届きませんし、太過ぎれば歯肉を痛めてしまいます。
初めてでサイズ選びに迷ったら、歯科医に相談してみてください。使い方と合わせてアドバイスしてもらいましょう。

歯間ブラシを歯茎に沿って斜めにあてがい、水平にしてゆっくり差し込みます。2~3回往復させます。さらに内側からも同様にすると効果的です。

ただし、すき間がなく歯間ブラシが通らないという人は無理に使用することはありません。歯肉を痛めかねませんのでデンタルフロスを使ってください。

指歯ブラシの方法

自分の指を使う方法もあります。
歯を磨いた後に、まずは手を洗って指先を清潔にします。このとき、爪の中に汚れがないように気を付けてください。準備ができたら、人差し指の腹の部分で円を描くように歯肉を押していきます。最初は奥歯から前へ動かします。歯周病が起こりやすいのが奥歯周辺なので、より丁寧にマッサージしましょう。

次に、人差し指と親指で歯肉をつかみ両側から押します。奥の歯肉は両側からやりにくい場合こともあります。その際は片側ずつ試してみてください。

プロ(歯科)の歯茎マッサージ

ここまで自分でできる歯肉マッサージの説明をしてきました。基本的には家庭で行えるものですが、やはり最初はきちんと正しい方法を教わりたいという方もいらっしゃることでしょう。頑張り過ぎて力が入りすぎることもあります。

どの程度の力加減か、指の使い方など一度プロの施術を受けることは自分の勉強にもなりますよ。

歯科医院では健康増進の一環として、歯肉マッサージを取り入れるところも出始めています。血行促進やアンチエイジングなどを目的として受けるマッサージですが、これ自体がリラックスさせてくれる心地の良いものです。最初に歯肉マッサージが気持ち良いものだと知ることで、習慣化しやすくなるというメリットもあります。

この記事を書いたプロ

きとう歯科クリニック [ホームページ]

歯科医 鬼頭昌盟

宮城県仙台市若林区荒井東1-4-9  リヴィエール1F [地図]
TEL:022-794-8221

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
鬼頭昌盟 きとうまさあき

あなたの歯、10年後も健康でいられる自信がありますか?(1/3)

 歯が痛くて、歯医者さんに駆け込んだ経験のある人も少なくないはず。歯医者さんに通って、長い時間をかけて治療し、その後も歯磨きなど気を遣っているにもかかわらず、またむし歯になってしまう…。そんな経験、ありませんか? 「むし歯の治療には、原因...

鬼頭昌盟プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

治療計画をしっかり提示できること

医院名 : きとう歯科クリニック
住所 : 宮城県仙台市若林区荒井東1-4-9  リヴィエール1F [地図]
TEL : 022-794-8221

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-794-8221

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鬼頭昌盟(きとうまさあき)

きとう歯科クリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
歯茎の痛み・腫れ・出血は「歯周病」のサイン!自宅でできる応急処置

歯周病では歯茎の痛みとともに腫れや出血がみられます。歯科医に診てもらうのが基本ですが、それまでの応急処置と...

[ 歯周病の治療 ]

歯茎が腫れた!3つの原因と治療方法

歯茎の腫れは、「歯の病気」「ストレス」「差し歯」などが主な原因です。痛みがなければ放置することもあるでしょ...

[ 歯周病の治療 ]

歯周病を招きやすい生活習慣はコレだ!

歯周病の直接的な原因は、口内の歯周病菌です。細菌が歯肉に炎症を起こし、ひどくなると歯槽骨の破壊にまで影響し...

[ 歯周病の予防 ]

歯周病がもたらす体の病気!

歯周病になっても命に関わる病気ではないからと高をくくっていては、取り返しのつかないことになる可能性がありま...

[ 歯周病の予防 ]

「うがい」をするだけでも歯周病の予防効果になる!

日本人が歯を失う一番の原因となるのが歯周病です。自覚症状が少なく気づかないうちに重症化してしまうのが怖いと...

[ 歯周病の予防 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ