プロTOP:遠藤龍地プロのご紹介

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(3/3)

遠藤龍地 えんどうりゅうち

現代の“寺子屋”で伝えたい、生きていくためのヒント。

 法楽寺では毎月第2土曜日の午後から寺子屋を開いています。講堂の完成によって10年越しの願いがかない、2009年12月にスタートしました。
 寺子屋では、毎回、各界のプロに講演していただき、そのお話などを題材にして、遠藤さんが仏法の根本について語ってくれます。老若男女を問わず、自由な質疑応答もある和やかな会です。
 法話は、例えば「仏壇やお墓に線香はなぜ上げるのか」。考えたこともないという人がほとんどでしょう。「線香は自らを燃やし、後にいい香りを残します。まさに精進の象徴です。一度やり始めたことは最後までやり遂げ、人として良き行いの徳を残す。線香をあげるのは精進という修行の決意を示すことであり、実際に精進する尊い心と姿を捧げるのが真の供養なのです」。遠藤さんはわかりやすく教えてくれます。意味を知れば、次に仏壇に向かうときの気持ちは断然変わってきます。「たくさんの人に身近にある大切なこと、本来の意味をもっと伝えていきたいですね」と力をこめます。

 また、「孤独死」についても、お寺は何ができるのかと考えているそうです。「最期を迎えるときは、人の心の底が見えるもの。将来はお寺の近くにグループホームのような建物を立て、お寺とも緩やかな付き合いで、御仏とつながっているという連帯感の中で人生の最期を過ごしてほしいと考えています。利益を追求しないお寺なら、皆さんがあまりお金の心配をしなくとも安心できる仕組みが可能なのではないかと思っています」と熱く語ります。「夢ですね」。そう言って微笑む奥には「いつかはできる」という思いが伝わってきます。

 「この世の幸せ」と「あの世の安心」を求めてたくさんの人が集ってくる、そんな開かれたお寺をめざす法楽寺。気軽に訪ねてみてはいかがですか。

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

遠藤龍地のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は遠藤龍地さんが更新している外部メディアサイトです。

facebook
Facebook
ページの先頭へ