コラム

 公開日: 2014-09-09 

すぐにキレる、我慢できないならば、こうしてみよう ―生活を変える―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈赤根彰子師手書きの栞〉

 私たちは、怒れば呼吸が荒くなります。
 焦れば呼吸が浅くなります。
 そして、荒く、浅い呼吸は思考と情緒をさらに不安定にさせ、ついには愚かしい行動にまで駆り立ててしまいかねません。

 私たちは、高慢心から、あるいは正義感から、怒りを発します。
 私たちは、自分の過ちから、あるいは不意のできごとから予定が狂い、焦ります。
 こうした状況は人生のあちこちで生じます。
 そこで最も必要なのは、一旦、落ち着くことですが、簡単ではありません。
 なぜなら、呼吸の状態が落ち着かせないからです。

 だから、怒ったり焦ったりしたならば、「落ち着こう」と自分に言い聞かせ、深呼吸をしてみましょう。
 気持を変える方法として呼吸を変えるのです。
 目を閉じ、お腹を少しづつ慎重に引っ込ませながら、できるだけ時間をかけ、ゆるゆると口から細く長い呼気を行いましょう。
 お腹がもうこれ以上背中へ近づけないところまで行ったなら、自然に鼻から空気を補充しましょう。
 これも、意識してお腹を少しづつ膨らませながら、ゆっくりと行います。
 慌てて吸わなくても死にはしません。
 余裕のある範囲でこれをくり返せば心拍数が収まり、思考の範囲が格段に広がります。
 情緒の波も穏やかになってきます。
 自分で自分を追いつめた状態から離れ、すでに、一つの危機を脱したのです。

 こうしたことが可能になるためには、日頃、火事や雨や津波などに対して防災訓練を行っているように、備えをきちんとする意識と、実際のトレーニングが必要です。
 お釈迦様は、自分自身と人生のままならなさを克服するためには八つ方法があると説かれましたが、そのうち、二つがここでは特に有効です。
 一つは正命(ショウミョウ)です。
 これは、規則正しい生活を行い、まっとうななりわいによって生きることです。
 もうひとつは正定(ショウジョウ)です。
 これは、きちんと心身の手入れをした上で、瞑想を行うことです。
 そして、二つに共通しているのは、背骨が伸び、あごを引いたよい姿勢とゆったりした呼吸です。
 座ろうが、腰掛けようが、歩こうが、よい姿勢はそれだけでパワーを蓄え、パワーを発するものです。
 ゆったりした呼吸は心身にむだな負担をかけず、意識することによってさらにゆったりした呼吸を行うことを可能にします。
 これに慣れていれば、とっさの場合、切り替えが容易にできます。
 切り替えれば、自分がおかれている状況と、自分自身の状態が正確に判断できることでしょう。

 9月7日に放映されたNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に象徴的な場面がありました。
 天下人となった秀吉から黒田家へ与えられた領地の旧主宇都宮鎮房(ウツノミヤシゲフサ)が頑として服従しないことに焦っていた官兵衛の長男長政は、鎮房の罠にはまり、血気に逸って出陣します。
 長政を守る又兵衛が、落ち着いて官兵衛の判断を待ちましょうと進言しても、今こそうっぷんを晴らすチャンスとばかり沸き立った若手や幹部を止めることはできません。
 自分がおかれている状況と、自分自身の状態とを正確に判断できないままに行った決断は、あまりにも危険なものでした。

 どなたにとっても大切な生きるポイントですが、とりわけ、自分はキレやすく我慢できないタイプだと思う方は、まず、よい姿勢とゆったりした呼吸を心がけてみましょう。
 そして規則正しい生活をし、時折、ひときわ長い腹式呼吸をしながら瞑想を行うことです。
 1日はどう生きても24時間です。
 24時間の使い方を変えれば、生活が変わるだけでなく、自分の生き方そのものも徐々に変わります。
 これまでと異なった生き方をしたいならば、時間の使い方を変えるしかありません。
 やろうではありませんか。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ