コラム

 公開日: 2014-09-10 

平成の不戦堂を建立し、祈り、不戦日本を貫きましょう

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈「ゆかりびとの会」会員さんが仮不戦堂として古い小さなお堂を移築してくださっています〉



〈高橋香温先生の書です〉

 このたび、当山は、下記のとおり、「不戦日本」を貫くための活動を開始しました。
 一日本人として、一宗教者として、団塊の世代の一員としてのやむにやまれぬ行動です。
 ぜひ、多くの方々にご賛同をたまわり、何としても、ここ東北の地に、不戦の象徴を造らせていただきたいと願っています。

平成の不戦堂を建立し、祈り、不戦日本を貫きましょう

 お釈迦様は、深い瞑想の末に、「人もこの世も〈ままならないという苦〉と共にある」と悟られました。
 そして、人としての戒めを守り、我欲(ガヨク)に引きずられなければ、人は本来の生き方ができ、この世も極楽になると説かれました。
『十善戒』という導きの燈火を示されたのです。
 その第一番目が不殺生(フセッショウ)戒です。
 みだりな殺生のできない人になることが、苦から脱する方法の一つとして欠かせません。

 さて、最悪な殺生は戦争です。
 戦争は、一人一人の健気(ケナゲ)な営みを根本から破壊する人間世界の自死とも言える蛮行です。
 今の日本では内外共に対立と戦争の気配が漂い始め、多くの方々が不安を感じ、戦争を避けたいと考え、願っておられることでしょう。

 このたび、当山は、不戦を目ざす宗教的活動として、「不戦日本」を百万返唱え、願いを同じくする方々のお心を(木簡モッカン…小さな板状のもの)へ書いて祈り、壁一面が木簡に覆われる「不戦堂」を建立するという願を発しました。
 日本は、団塊の世代から若年層へ年代を下るに従い、経済的にも社会保障的にも厳しい環境となり、そして、団塊の世代はこの世を去りつつあります。
 昭和の復興と経済成長の時代を生きた世代であり、何を後世へ残すべきかと熟慮してきた一宗教者として、最後の務めは、半世紀以上にわたり国の内外で一人の戦死者も出さずにきた戦わ不(ザ)る日本、すなわち「不戦日本」の姿勢を貫くことであると考えるに至りました。

 平成の不戦堂は、四国霊場のようにオープンとし、訪れる善男善女がいつでも自由に不戦を祈るだけでなく、自分の心から争いの種となる我欲(ガヨク)や、高慢心や、怒りや、怨みなどをとり除くよう祈ることもできます。
 また、心から修羅(シュラ)を滅する一人一人の精進(ショウジン)が積み重ねられることにより、おのづと平和が保たれてゆくことでしょう。

 この発願(ホツガン)は、政治的行動ではありません。
 なぜなら、いかなる立場の方であれ、不戦を願うことは人倫の基礎であるとの確信に基づくものだからです。
 天災は自然的災厄であり、戦争は人為的災厄です。
 東北に不戦堂を建立する趣旨をご理解いただき、ご賛同とご助力をたまわりますよう、心よりお願い申しあげます。
 共に戦わ不(ザ)る日本を守り、不戦を貫こうではありませんか。

平成26年9月9日 重陽(チョウヨウ…菊の節句)の佳き日に

 なお、百万返の祈りは、9月23日(火)午前11時より、当山境内地に建立中の「仮不戦堂」にて開始します。
 ご志納金は以下のとおりにお願いします。
・一口一万円
・ゆうちょ銀行:法楽寺不戦堂建立基金 02270-3-115292

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ