コラム

 公開日: 2014-09-15 

ジャズ、ありがとう! 「ビバップス」バンザイ! ―ジャズフェスティバル―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈華やかに〉


〈切々と〉


〈突き抜ける〉

 仙台ストリートジャズフェスティバルの大トリで「ビバップス」にいる知人が演じると聞き、でかけた。
 ピアノ、ベース、ドラムのリズム陣にエレキが二本加わり、ペット、サックス、トロンボーンが吹きまくるという豪華な陣立ては相変わらず華やかで、演奏者の高揚した魂が把になって「人生、嬉しいじゃないか!」と訴えかけてくる。
 ピアノはどこまでも端正だ。
 ベースはたとえようもなく誠実だ。
 ドラムの抑揚は隙なく決まっている。
 低いエレキはズンズンと地へ届き、高いエレキは鳥のように飛び回る。
 ペットはあまりにも真っ直ぐだ。
 サックスはあまりにも深い。
 トロンボーンはあまりにも人間的だ。

 そもそも、モダンジャズは不思議な音楽である。
 1950年代から60年代になぜ、あそこまで完成度を高められたのか?
 世界大戦の後、〝家畜以下〟とまで言われるほどの扱いを受け続けてきた黒人層から何が起こり、なぜ、短期間に到達してしまったのか?

 かつてジャズ・バーを経営をしていた作家の村上春樹氏は、こう語っている、
「物語を語ることがあなたを癒します。
 良い物語を語ることができれば、あなたは癒されます。
『ねじまき鳥クロニクル』は、僕が言うところの『全体小説』にしようと努力しました。
 登場人物によって語られる物語の集まりなのです。
 登場人物はお互いに癒しあっています。
 あの小説は癒しの本なのですよ。
 あなたが外の世界、新しい景色の出現に心打たれた時、その愛があたなを癒します。
 良い物語を語ることは愛の行為だと思います。
 そのことが、僕が本を書く理由だと考えています。
 僕は、自分自身を癒したいと願っているのです。」

 そもそもジャズとは、不屈の魂が幾層にもなっている覆いをすべて突き破り、青空へ達したいという〈人間〉の営みではなかったか?
 多くの天才的演奏者がドラッグへ走ったのも、突き破りきれないもどかしさに耐えられなかったからではないか?
 事実、破滅する前に戻ってきた彼らの中には、以前の神がかり的な技術とは色合いの異なった形で〈神〉の世界を感じさせるまでの作品を残している者もいる。
 こうした営みは「癒し」と言えるのかも知れない。
 しかし、現代人がイメージする優しさにくるまれて得られる癒しとはまったく様相が異なる。
 壮絶な戦いの果てにようやく見えた、あるいは見えるような気がした、そういった青空ではなかったか。
 マイルスもコルトレーンもエバンスも、死屍累々の戦場をかろうじて生きぬいた人々である。

 若い日々、こうした苦闘と癒しに接し続けた村上春樹氏が「癒し」と言う時、悠然と水面を滑るアヒルが水面下で激しく足を動かしている様子が連想される。
 語り口のさりげなさは、かえって、氏の隠された戦いを想わせる。

 さて、「ビバップス」の演奏を聴いた帰り道、とても解放された気分だった。
 癒しの本質は解放ではないか。
 自分の「物語」をちゃんと創り、あるいは語るための欠かせない下準備ではないか。
 半世紀前に魂をかけてその方法を確立してくれた人々の恩恵を受けてこそ、今の演奏者も聴衆も癒され、救われ、未来への足どりに力を込められる。
 ジャズ、ありがとう!
「ビバップス」バンザイ!

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ