コラム

 公開日: 2014-10-06 

公開Q&A(その7)僧侶はお葬式で何を考えているの?(その5 繰り上げ法要にて)

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 質問7 お葬式ではどんなことを考えているのですか?

 ご葬儀における僧侶の頭の中はどうなっているか、というご質問にお答えして5回目、いよいよ最終回です。
 最近では、ご葬儀にひき続き、繰り上げ法要を行う方が多くなりました。
 これは、亡くなられた方があの世でみ仏にお導きいただくための過程を早めにたどっておくことです。
 具体的には、一週間目となる「初七日忌」、それから一週間ごとに進み、7週目の「四十九日忌」、そして100日目の「百か日忌」のご供養を、あらかじめ行います。
 昔はその都度、忌日にあわせてご供養を行いましたが、忙しい現代では、なかなかそうも行かず、忌日よりも遅れないうちに供養するという本旨により、ご親族などが集まっておられるご葬儀の日に、まとめて修法してしまうというものです。
 その後に会席が控えていたりすることも多く、短時間で行う場合もあるようですが、決して〈軽い〉ものではありません。

 私たちはこの世に生まれると、親や先生に導かれて成長します。
 同じように、あの世でも、み仏のお導きがあればこそ、だんだんとみ仏の世界へ溶け込んで行くことができます。
 その段階が忌日として示されています。
 お大師様が説かれたとされる『弘法大師逆修(ギャクシュ)日記事』を読んで見ましょう。
・初七日…お導きは不動明王
 み仏の世界をはっきりと示し、地獄などへ向かわせません。
・二七日…お導きはお釈迦様
 この世で得られなかった福徳と智慧をお授けくださいます。
・三七日…お導きは文殊菩薩
 障りを除き、極楽へ向かわせます。
・四七日…お導きは普賢菩薩
 安心など、求める救いに応じて手を差し伸べます。
・五七日…お導きは地蔵菩薩
 地獄などへ行きそうな人でも必ず寄り添い、救います。
・六七日…お導きは弥勒菩薩
 罪を除き、まっすぐに極楽へ向かわせます。
・四十九日忌…お導きは薬師如来
 安楽を与え、この世の苦をすっかり取り去ってくださいます。
・百か日忌…お導きは観音菩薩
 汚れを除き、地獄行きのような人でも身代わりとなって浄土へ向かわせます。

 こうした教えと修法のお次第によって、それぞれのみ仏からご加護をいただき、この世で積んだ悪業(アクゴウ)の影響力を弱め、苦から離れられるよう、法を結びます。
 それはちょうど、幼稚園から中学、高校と進むようなものです。
 私たちは、どうしても悪業(アクゴウ)を積んでしまいがちな存在なので、全力を挙げて祈ります。

 喪主Aさんから言われました。
「父は、世間的には幅広い活躍をしましたが、何しろパワーのある人なので、私的にはいろいろありました。
 亡くなる頃は、母へ苦労をかけたとさかんに謝っていました。
 そのことは息子として大いに評価するし、母も、もういいよと慰めていましたが、人の一生は簡単に塗り替えられるものではないだろうという気持もあります。
 もちろん、父を責めるわけではなく、人生の重さ、善も悪もひっくるめて人間の行為の厳粛さを考えてしまうのです。
 和尚さんがいつも言われているように、この世でやったことのすべてがこの世で結果に結びついているわけではないので、あの世や来世で結果が出るのでしょう?
 そう思うと、懸命に生きた姿を見ているだけに、父の行く末が案じられるのです。
 ああ生きるしかなかった父が、いつか必ず悪業の報いを受けることを思うと、哀れでなりません。
 さっき、和尚さんの裂帛(レッパク)の気合を聞き、ご加護が確かであると説明され、これで父は救われるのではないかと思えました」

 魂をかけて行う宗教行為は、相手が生者であれ死者であれ、必ず魂へ響きます。
 人の心は、どこかに共通する音叉があり、意識してもしなくても、発せられた音は共鳴を起こすからです。
 この音叉こそ、仏と言われ、神といわれている至高の存在につながるものです。
 Aさんのお話は、音叉の音を聴いたということであり、故人の音叉にも届いたと信じています。

 以上で、ご葬儀に関して僧侶がどう考え、何を行っているかというご説明を終わります。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ