コラム

 公開日: 2014-10-18 

ご葬儀や埋骨をどう行うか? ―慣習や習俗を超えて―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 遠くにある墓地の改葬に共通する悩みがあります。
「墓地のそばにいる一族の宗派と違う寺院のお世話になるのは反対だという声が上がっています。
 このまま父母を移すと、親族からお墓参りしてもらえないかも知れません。
 私自身は宗派に対するこだわりを持っていないのですが……。
 困りました」
 考えるポイントをいくつが挙げておきます。

1 葬送や慰霊、供養などは本来、まぎれもなく宗教行為であり、どこかで習俗や慣習を超えたものであること。

 私たちの生活のほとんどは、〈これまでやってきたこと〉の延長線上にあります。
 正確に言えば、〈これまでやってきたこと〉を踏まえずに行えることは何一つありません。
 言葉そのものがそうです。
 いろは五十音図はお大師様の弟子たちが作ったとされていますが、今、日本で使われている膨大な日本語の体系を創ることのできる人間はいません。
 なぜなら、人間の思考と生活の積み重ねにあって洗練され、深められてきた過去の時間(歴史)に代わり得るものはないからです。
 そして、思案も決断も発見も言葉によって行われる以上、いかに独創的なひらめきであれ、必ず過去の何かに立っているはずです。

 だから、習俗や慣習を「古い」と決めつけ、頭から否定するのは自分で自分の足を踏むような行為であり、頓珍漢(トンチンカン)な考えと言うしかありません。
 たとえば、祖父も担ぎ、父も担いだ御神輿(オミコシ)を自分も担いだ時、確かな何かを感じることがあるのではないでしょうか。
 東日本大震災の後、あちこちで〈祭の復活〉が求められました。
 老いも若きも涙と歓喜の中で祭を行った時の気持をお聴かせいただいたことがあります。
「これで生きられると思いました」
 たとえば、西馬音内(ニシモナイ)盆踊りを観た方からお聴きしました。
「土地の古老から、昔、とても慈悲深い領主がおられ、その方の慰霊が盆踊りの淵源だと教えられました。
 領主は特段、歴史に名を残さず、今、踊る人たちも領主を意識してはいませんが、飢饉に苦しみつつ子孫を残してきた先人たちの、亡き領主に対する感謝と慰霊の歴史がこの踊りへ陰影に満ちた色合いを与えていると知って、一層、興趣が深まりました」
 お墓を守り、受け継いできたものを守ろうとすることには、金銭に換えられない価値があります。

 その一方で、実際に葬送や慰霊を行う行為は、行う人にとって重要な宗教行為です。
 人をあの世へ送るということの重大さは、経験者でなければ、なかなかわからないかも知れません。
 そこには膨大で非日常的な何ものかがあり、すべてを言葉にすることはほとんど不可能です。
 送るという行為は、必ず〈送った相手との時間〉を生みます。
 その時間が〈自分の時間〉と溶け合って〈人生の時間〉となるために、数年を要する方もおられます。
 こうしたことごとは、真剣に向き合うならば、これまでやってきたからというだけでは行いきれません。
 習慣だからと形をなぞるだけでは済まされないのです。
 あるいは、今は簡単にやっても構わない時代だからと風潮に乗るだけでは済まされないのです。
 送り、供養する一人一人が、自分の良心から問われます。
「本当にこれでいいのか?」
 行為が、細切れになっている日常の時間ではなく、永遠へ連なる宗教的時間を相手にするものであることに、無意識のうちに気づかされます。
 人を送るとは〈永遠に〉送ることです。
 人を供養するとは〈永遠に〉供養することです。
 今の〈瞬間に〉送り、供養する行為のみにとどまるものではありません。
 手順をなぞり、簡便に済まそうとすれば、瞬間の問題であり、日常生活的行為です。
 自分の人生観をかけ、良心と対話しながら行えば、永遠の問題すなわち宗教の問題なのです。
 だから、たくさんの方々が日常的思考だけではなかなか結論が出せず、宗教の場である当山へ日々、ご来山されます。

 では、習俗や慣習から宗教的行為へと、どのように超えてゆけばよいのか?
 次回にお話を進めましょう。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ