コラム

 公開日: 2014-11-12 

怒りっぽい孫をどうすればよいか

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。






 最近多くなった年配者からの人生相談です。

「孫が怒りっぽく、親はあまり気にしていないようですが、放置できません。
 どう導けばよいでしょうか?」

 具体的にどういう言葉や生活方法で対処すればよいかということは、人それぞれの生まれや育ちや環境によって異なるので、正式な人生相談でないと安易には答えられません。
 祖父母なり、親御さんなりが考えておいた方がよい、ポイントだけを大まかに書いておきます。

○怒りは自己中心的な感覚から発している
 
 甘やかされて育つと、どうしても自己中心的になりがちです。
 その反対に、あまりに抑圧を受けて育っても、表面からはわかりにくい〈自己を守る強い意志〉や、〈世間をとり繕う仮面〉などを固めてしまう場合があります。
 前者の心は怒りっぽいという形で日常的に表れ、後者の心は何かのおりに誰も想像できないほど異様な形で顕れたりします。

○怒りに囚われるのは、空(クウ)を知らないからである

 私たちは、好きなものは貪り、嫌いなものへは怒りを発します。
 こうした心は、無限の過去から受け継がれており、結局は苦をもたらさずにおかない煩悩(ボンノウ)と呼ばれます。
 いかに好きなものでも、水のアブクのような一時的な現象でしかなく、必ず自分の手を離れる時が来ます。
 執着していればいるほど、〈その時〉の耐え難さは大きくなることでしょう。
 いかに嫌いな相手でも、水のアブクのような一時的な現象でしかなく、必ず自分の前から消える時が来ます。
 もしも、〈そうした存在〉であると見透せない時は、距離を置いて客観的に観る必要があるかも知れません。

○暴力行為などを制止するのは、それ以上、相手に悪業を積ませないためである

 悪しき行為を放置せず制止するのは、相手にそれ以上、悪業(アクゴウ)を積ませないためです。
 悪業を重ねる者は哀れであり、放置できません。
 たとえば、こうした経典もあります。
「いかに世間的な成功や名声を得た者でも、晩年になって酒色に溺れれば、この世で積んだ功徳をすべて失い、恐ろしい来世を向かえかねない。
 子たる者は、地獄行きなどを止めるため、人の道を忘れかけた親へそれを説くのが最高の慈悲行である。」
 悪や不生に対して怒りを発しても、制止する者としては、怒りではなく慈悲を根本に置きたいものです。
 たとえば、ダライ・ラマ法王は、祖国チベットが滅亡の危機に瀕するほどの非道な扱いを受けてなお、中国の人々に対して慈悲の心を持ち、粘り強い交渉を続けておられます。

○暴力行為などに対しては、仮の悪縁なら〈正しさ〉を第一にして対処し、実の悪縁なら〈優雅さ〉を第一にして対処する

 暴力的である者へは、毅然として正しい道を説く必要があり、暴力沙汰を起こす者へは、心のゆとりを持ち、かつ、距離感を鋭敏にして対処しましょう。
 悪しき芽は早く摘む必要がある一方で、火に油を注ぐ愚を犯してはなりません。
 相手に合わせた智慧をたはらかせて対処する必要があります。

○アスペルガー症候群なども疑ってみる
 
 昔は、叱ってもなかなか言うことをきかない子供を性格や不真面目さなどによるものとして強く矯正しようとしましたが、今は〈心の病気もそうさせる〉ことがわかっています。
 決して〈病人〉を苦しめないよう、家族も周囲も気をつけたいものです。

 上記のポイントを参考にされ、お孫さんへ適切な対応を考えていただければと思います。
 個別具体的には、日時をお約束の上、ご相談におでかけください。 

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ