コラム

 公開日: 2014-11-24 

この国の魂と相撲の神様に認められた白鵬 ―【現代の偉人伝】第201話―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



 横綱白鵬が32回目の優勝を飾り、ついに大鵬の記録に並んだ。
 君が代を聴きつつ涙を堪えきれなかった白鵬は、感想を簡潔に述べた。

「この国の魂と相撲の神様が認めてくれたからこの結果があると思います」

 言葉に驚嘆し、考えさせられた。

 平成22年の暮れまで白鵬は63連勝し、谷風の記録に並んだ。
 双葉山が谷風の記録を破ったのは、157年後のことである。
 それから71年後、白鵬が双葉山の記録を破るかと注目されたが、64連勝はならなかった。
 敗れた後、こう告白している。

「やっぱり休場も考えた。
 心と体がひとつにならないんじゃないかとも考えたし、中途半端な気持ちで臨んではいけないからね」

 これは、神の領域へ踏み込まねばならず、逡巡している者の思いではないか。
 双葉山の偉業はもはや、神の次元にあるととらえられている。

 こうした思いの延長線上に今回の言葉がある。
 それにしても「この国の魂」とはどういうことか?
 白鵬は大相撲という世界に息づいている日本の魂、自分に具現している日本の魂、をありありと感じている。
 日本はもはや、意志となる心であり、肉体にみなぎるいのちであり、一息ごとに存在を許す空気である。
 そのはたらき全体が魂となっている。
 律するものは「相撲の神様」であり、〈個〉の意志などは意識されなくなっている。

 かつて、小林一茶は詠んだ。

「日本と砂へ書きたる時雨かな」

 冬の気配が濃くなる頃、うつろう気配に日本(ヒノモト)という言葉が浮かび、砂へ二文字を書いたおりもおり、時雨がやってきて、見る間に文字を消してしまう。
 文字は消えても、心に浮かんだ日本という観念は、佇んでいる自分の魂と感性のすべてをとらえきっている。
 白鵬流に言えば、俳句の神様が詠ませたのです、ということになろうか。

 白鵬はついに〈畏れ〉をつかむに至った。
 自分の心技体をあるいは認め、あるいは叱ってくれる者の前では、畏(カシコ)まる他ない。
 特定の〈道〉に精進する者は、多かれ少なかれこうした〈畏れ〉を感得するのではないか。

 本居宣長にとって何かが「なる」とは、大いなる者が自然におりなすことごとの結果として生まれ出ることだった。
 また「むすび」とは「ひ(霊威)」が「むす(産出する)」ことである。
 注連縄(シメナワ)も俳句も、見えぬ世界のできごとが見える形をとったものである。
 松岡正剛氏はこう述べている。

「ウツからウツロイをへてウツツが派生してくるという光景」

 ウツとは「虚(見えぬ世界のことごと)」であり、ウツツとは「現(現象世界のことごと)」である。
 白鵬は土俵の注連縄に、日本の神のなせるわざを感じ、一茶も又、おのづから成ってくる俳句に、日本の神のそれを感じたのではなかろうか。
 
 白鵬は横綱としてむすびの一番をとる。
 その一番の勝敗は、神様が心技体を認めれば勝ちと成り、認めなければ負けと成る。
 だから白鵬は、大鵬に並ぶ今回の結果について「神様が認めてくれたから」と言った。
 相撲道に邁進する白鵬は、畏れ、畏まりつつも、清明な心で別世界へ溶け込みつつあるのではなかろうか。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ