コラム

 公開日: 2014-11-29 

プロフェッショナル高倉健が語った「仕事の流儀」 ―ありがとう、高倉健―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 高倉健はいまだ、去らない。
 彼はいったい、何者だったのか?
 平成24年、NHKテレビ『プロフェッショナル 仕事の流儀』において彼が語った言葉をふり返っておきたい。
 ブログ「NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』から」の項目と、彼の主な言葉だけを再掲したい。

○現場ではほとんど坐らない

 81才の彼は、撮影の現場でほとんど座らず、柔軟体操をしているらしい映像もあった。

「坐るとだんだんファイトがなくなるような気がして……」

○作品の背景となる地域を肌で感ずる

 空気や風や、あるいは人情などをつかもうと、彼は、地元の墓地を巡ったりする。

○彼の真骨頂は最小限の演技で心を表現すること

 彼は役柄の人物になり切れば「必ず滲み出るもの」があると考え、「何よりも大切なのは本当の気持を表現すること」を心がけてきた。

○本番を演じるのは基本的に一度だけ

 彼は「最高の気持には何度もなれるものではない」とし、撮影のたびに「一度きりを生きる」という真剣勝負を重ねてきた。

「自分の中で感じられないことってできないよね。
 心の中の話だからね」
「たぶん最高のものは一回しかできないって黒沢監督もおっしゃってたからね。
 二度やれったってできないね」
 
○生き方が芝居に出る

 彼は、撮影の合間の多くを地元の人やスタッフに声をかけて過ごす。
 人の人生を演じる俳優として肝に銘じているのは「生き方が芝居に出る」という一点である。

「芝居に一番出るのは、その人の普段の生き方ではないですかね」

「やってる役は皆、好きになる」

○同じ理髪店へ40年間通っている

 彼は、撮影のない日は必ず都内の理髪店に通い、彼専用の個室で憩う。

○俳優にとって身体は唯一の資本
 
 彼は酒を飲まず、タバコも30年以上前に止め、毎朝ナッツ入りのシリアルにヨーグルトをかけて食べ、ウオーキングを欠かさず、朝食後は、夜までほとんど食べ物を口にせず、何十年もの間、ウェイトは70キロを絶対に越していない。

○心をいつも感じやすい状態にしておく

 彼は台本の最後に、東日本大震災で被災した地域の子供がペットボトルを運ぶ一枚の写真を入れておく。
 会津八一の短歌を書き取ったメモと共に。
「あめつち に われ ひとり ゐて たつ ごとき この さびしさ を きみ は ほほゑむ」

○一つの作品を終えるたび、人前から姿を消す

「内容もスタッフもギャラも納得できる映画だけをやる。
 そのため、最も厳しい環境で自分を磨く」

○生き方が芝居に出る(その2)

 彼はいつも、優れた先輩に学んできた。
 老いた笠智衆が坂道をゆっくり上りながら現場へ向かっていた時、誰かが後から押しました。
 もちろん、いたわるつもりだったのでしょうが、笠智衆は、時間には十分間に合いますと言って、支える手を敢然と断わる。
 この毅然とした態度が、彼の見習うところとなった。

「捨ててるもんだと思いますね。
 別に捨てなくたってやれるもんでしょうがね」

「その人のやっぱり、人生体験と言うか、それが俳優さんの価値なんでしょうね」

「大事なのはお金などでなく、身を捨てても構わないっていう人間に出会えるかどうかです」

○「久しぶりにきれいな海ば見た」に泣く

 遺作となった『あなたへ』において、海の男を演ずる大滝秀次が「久しぶりにきれいな海ば見た」との一言を発する決定的場面がある。
 それきり背中を見せてしまう大滝秀次に、強く心を動かされる場面が続き、カットの後、高倉健はスタッフに隠れ、ハンカチを手にした。

「いつもきれいな海ばかりではないということでしょう」

○人のいのちは限りがある

 撮影が終わり、役の中の人生とも、撮影を通して出会った人々とも別れる時がやってくると、彼は、見学に訪れるファンも含め誰とでも、気さくに言葉を交わす。

「やめたくないんだよね」
「気心が知れたら終わりなんだから……」
「いろんな人と別れる。
 そういうことが重なると、人のいのちは限りがあるってことを感じるよね」

○お疲れさま

 彼の205本目の作品はこのセリフで終わり、背中の残像と言葉の余韻が残る。

「自分は今日、鳩になりました」

 そして、彼は現場を去った。
 文字どおり、最後の言葉を遺して。

「お疲れさま」

○プロフェッショナルは生業(ナリワイ)

 彼は試写会に参加し、観た後は、又、意欲が起こると言う。

「とってもやりたいね。
 とってもやりたいと今日、思いましたね」
「まだ、わかんないですよ。
 まだ、わかんないですけど……」

 番組の最後に「プロフェッショナルとは?」と問われ、足元を踏み固めながら生きてきた人間が得た確信を込めて答える。

「プロフェッショナルは生業(ナリワイ)だと思います」

 続く沈黙には、誰にも有無を言わせない鋼鉄のような力と、底知れぬ大海のような深さがあった。
 ありがとう、高倉健!

 詳しく観たい方は以下のブログをどうぞ。
http://mbp-miyagi.com/mamorihonzon/column/4741/
http://mbp-miyagi.com/mamorihonzon/column/4745/
http://mbp-miyagi.com/mamorihonzon/column/4755/

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ