コラム

 公開日: 2014-12-03 

隠者と羊飼いの話 ―真の修行はどこに?―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈出張からの帰山〉

 チベットの僧院で用いられているという逸話が忘れられません。

 一人の隠者が山中の洞窟に籠もって修行しています。
 たまたま、通りかかった羊飼いが尋ねます。
「何をしているんですか?」
「瞑想をしている」
「何を瞑想しているんですか?」
「忍耐である」
 つかの間、沈黙が降りた後、羊飼いは、隠者の前を通って去ろうとします。
 その時、振り向きざまに隠者を怒鳴りつけます。
「地獄へ行ってしまえ!」
 羊飼いの背中へ木霊のような言葉が浴びせかけられました。
「なんだと!
 お前こそ、地獄へ堕ちろ!」
 羊飼いは笑い出しました。
「あなたは忍耐の修行をしていたのではなかったですか」

 この逸話を知った時、ああ、自分のことだなあ、と心がシワシワになる思いでした。
 決して、他人様を怒鳴りつけはしませんが、かつては、妻が指示された内容をいつまでも理解してくれない時など、時間に追われ、怒鳴ってでも先へ進まねばならない場面がいくつもあったからです。
 また、幾度も、「住職から怒鳴られました。修行している人なのに」という話を耳にしていたからです。

 この逸話は重大な問題を孕んでいます。
 だからこそ、行者たちへ広く、知られているのでしょう。
 隔離された空間における〈修行の限界〉をよく考えねばなりません。
 僧侶になってから最も多く受けた質問の一つを挙げましょう。
「何年、修行されたんですか?」
 こうお答えしながら、やってきました。
「私は昼間、托鉢(タクハツ)で生きながら、夜、修行した夜間行者ですから、大したことはありません。
 ただし、本当の修行は皆さんと接している時間にあり、いつも真剣の刃渡りをしているようなものです」
 歩きつつ生きた者としては、いかに肉体的・精神的に厳しい修行であっても、与えられた特殊な時間と空間の中で行われるものは〈練習〉であり、〈本番〉はあくまでも、娑婆の方々と接する菩薩(ボサツ)行の中にあると考えています。
 だから、ご縁となる皆さんはすべて等しく、行者がまっとうな僧侶となるために大切な恩人なのです。
 皆さんが、僧侶を真の意味で育て、一人前にしてくださると信じています。
 経典は説きます。

「衆生(シュジョウ)は福田(フクデン)である」

 生きとし生けるものが人間を向上させ、福徳を積ませてくださることを、田んぼにたとえています。

 もちろん、一定期間行われる、高度で密度の高い修行は大切です。
 何のために何を行おうとしているのか、という根本を理解、納得しなければ、修行は皆、上の空になってしまう虞があるからです。
 また、基礎訓練は、合理的である限り、厳し過ぎるということがないからです。
 それは、ドライバーが免許を受けるようなものです。
 心構えと腕がいいかげんであれば、ドライバー自身にとっても、周囲の人々にとっても、免許証は危険なものでしかありません。
 大切なのは、実際の運転にあって事故を起こさず、徐々に、安全運転ができるドライバー、誰かの役にも立ち、誰も傷つけないベテランドライバーに育って行くことです。
 
 こうした成り行きは、人間が生きるどの道にあっても、もちろん、僧侶の修行にあっても変わりありません。
 お互いに、心してやりましょう。
 独り善がりな〈隠者〉にならぬよう、気をつけながら。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ