コラム

 公開日: 2014-12-14 

過去にとらわれてしまう自分を何とかしたい ―ダライ・ラマ法王への質問について―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 小雪の舞う12月13日午後1時30分より、今年最後の寺子屋を行いました。
 般若心経についてダライ・ラマ法王猊下が講演されたDVDを観ましたが、かなり高度な内容で、あとで文章にしてみなければ理解は困難といった感じでした。
 いずれそうしますが、質疑応答に興味深いものがあったので、書きだしてみました。
 聴衆の一人が「過去に思い悩む自分を何とかしたい」とお訊ねしたのです。
 以下が法王の答です。

「過去は単なる記憶に過ぎず、もはや効果を及ぼすこともありません。
 しかし、過去の経験から私たちは何かを学ぶことができます。
 より重要なのはこれからの未来です。
 私たちはもっと未来について考えるべきなのです。
 そして、未来は現在に属しています。
 そこで毎日の暮らしを幸せに意義ある生活をすることが大切です。
 意義ある生活とは、できれば他の人たちを助け、奉仕することです。
 たとえそれができなくても、少なくとも他人に害を与えないようにすることです。
 それが意義ある人生を過ごすということなのです。
 お金を儲け楽しんだり、有名になったりすることは、単なる一時的な目的に過ぎず、狭いものの考え方でしかありません。
 正直で、真実を語って人生を過ごしていくなら、あなたの人生は意義あるものとなります。
 そのように過ごしていけば、何十年にわたる貴方の人生は、意味のあるすばらしいものになるのです。
 そう思いませんか?」

 法王はまず、日常生活上の心構えについて説かれました。
 今の生活を真に意義あるものとすること。
 そのためには、何よりも、他のためになることです。
 自分の利益を求めているばかりでは、人生の意義はなかなか見いだすことができないかも知れません。
 しかし、他のためになれば、いかに小さな行動でも意義あるものとなり、心には揺るがぬ達成感と満足感と清々しさが生じます。
 その上、真実は何かと考え、真実を相手にし、真実を語っていれば、真実と共に生きていることになり、「人生は、意味のあるすばらしいもの」となります。
 教えの下地になっているのは、菩薩道(ボサツドウ)を歩む者の戒律である三聚浄戒(サンジュジョウカイ)です。
 1 摂律儀戒(ショウリツギカイ)………戒めを守り一切の悪行を行わない
 2 摂善法戒(ショウゼンポウカイ)……進んで善行を行う
 3 摂衆生戒(ショウシュジョウカイ)…一切の衆生を教化(キョウケ)し、利益を与える

「一方で、現在とはいつのことか分析してみると、現在を見つけることはできません。
 私たちの人生の中で、今日という一日は24時間から成り立っていて、日中の時間は約15時間あり、今は午後4時40分ですから、5時まであと20分の時を刻んでいます。
 そして現在の1分も60秒に分割することができます。
 さらにその1秒も前後の部分から成り立っているので、たった1秒の間にも過去と現在と未来があるのです。
 現在を見つけることはできません。
 現在はどこにあるのでしょう?
 現在がなければ、時を過去と未来に分割することもできません。
 どうすればいいのでしょうね?」

 法王は次に、空(クウ)を説かれました。
 過去を考えている自分がいるという認識は事実であっても、考えの対象となっている過去そのものは一体、何なのか?
 仏道修行に欠かせない〈分析〉という作業をしてみると、過去だけでなく、未来も現在も、「これがそうだ」と見つけ出すことはできません。
 幻を手でつかもうとしてもつかめないのと同じく、確かでないものを相手に格闘する虚しい作業のみで毎日を過ごしても仕方がないのです。
 ただし、この「仕方がない」という真実が腑に落ちるためには、自分自身で〈分析〉をしてみる必要があります。
 その経過をたどらずに、過去にも現在にも未来にに無関心なのと、分析の結果、そうしたこだわりを持たず今を力強く生きるのとでは、天地の違いが出るからです。

 法王は、現実的心構えと、自分で分析してみるという仏教的態度と、二つの面から答えられました。
 きっと、お釈迦様もお大師様もそうだったのだろうと思えました。
 こうして、今年最後となる第58回目の寺子屋を無事、終えました。
 ご縁の方々へ深く感謝申しあげます。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ