コラム

 公開日: 2014-12-24 

パチンコ依存症の恐怖(その2) ―カジノ政策への暗雲―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


 11月18日、「パチンコ依存症の恐怖 ―始まった克服への取り組み―(その1)」へ書いた。

 知人のジャーナリストは、マカオで取材したおりの衝撃を語ってくれたことがある。
「カジノで一番の上客は誰だと思いますか?
 中国の成金です。
 二番目は、中国の政治家や官僚などの、いわゆる腐敗分子です。
 どの施設も、裏で仕切っているのは当然、マフィアです」

 ギャンブル依存症の日本人は男性438万人、女性98万人。
 アメリカでは大学生の6パーセントが依存症。
 こうした状況下で、日本へ最も先鋭的な攻撃姿勢をとっている中国の一部階級を最上の〈お得意様〉とするカジノをなぜ、造らねばならないのか?
 今なお東日本大震災や原発事故にからんで亡くなる方々を送る仕事に就いている者としては、復興に人もモノも足りず、被災者も役場も業者も苦しんでいる中で、オリンピックに次いでさらなる大規模建設が計画されること自体、信じられぬ思いである。
 つい最近、亡くなられたAさんは、大震災によって受けた精神的、身体的ダメージからずっと抜けられないまま、精根尽き果てた。
 直接の原因は震災だが、それまで安心して暮らしていた景色が一変し、崩れてなかなか復旧しないままの町と、切れた人間関係、そして不安な人々と共に生きた3年有余の日々が故人のいのちを梳(クシケズ)った。

 12月23日の産経新聞は報じた。 
 中国共産党幹部などが「豪遊を控え始めた」ために、マカオのカジノ収入が前年より20%減少し、マカオ経済の先行きが心配になっているという。
 しかも、習国家主席は当地マカオで、いわば身内や同胞が気ままの限りを尽くしてきたその場所で、カジノ依存経済からの脱却を突きつけた。
 以下、全文を記録しておきたい。

 ポルトガルから中国に返還されて15年となったマカオで、経済の屋台骨を支えるカジノが不調に陥っている。
 11月のカジノ収入は前年同月比で20%近く下落し、6カ月連続のマイナスを記録した。
 最大の顧客だった中国共産党の幹部らが、習近平指導部の汚職摘発強化で、豪遊を控え始めたからだ。
 マカオの11月のカジノ収入は242億7千万パタカ(約3600億円)で、同19・6%の減少だった。
 1年を通じたカジノ収入は今年、1999年の中国への返還後、初めて前年を下回る見通しとなっている。
 7~9月期のマカオの域内総生産も前年同期比で2・1%減少しており、4~6月期の8・1%増から一転してマイナスに。10~12月期の減少も確実だ。
 カジノは中国本土では厳禁だが、陸続きのマカオでは合法。
 共産党の幹部らが汚職などで手にしたカネを懐に訪れ、マネーロンダリング(資金洗浄)の上、海外に持ち出すケースが多かったとされる。
 ところが、習指導部が今年7月、党の最高指導部メンバーだった周永康・前党中央政法委員会書記の立件捜査を決定。
「虎もハエも一網打尽にする」と汚職を厳しく取り締まる姿勢を明確にし、カジノで遊んでいる場合ではなくなった。
 マカオを訪れた習国家主席は20日の演説で、「適度に多元化された持続可能な発展の道を歩むよう求める」と述べ、カジノ依存経済からの脱却を突きつけた。

 時あたかも原油価格が下落し、ロシアを初めとする原油の生産国には暗雲が漂い(プーチン大統領はロシア経済の低迷が2年は続くと発表した)、かつてカジノで羽振りをきかした〈アラブの王子〉たちの威勢も、もはや昔の物語でしかない。
 ギャンブル依存症の人々と膨大なその家族たちが苦しみ、東日本大震災と原発事故に被災者たちが苦しみ、しかも実質経営者である国際資本と、上客と目されている中国人に商売の首根っこを掴まれるであろう状況下で、なお日本は、お金を得たいがためにカジノを造らねばならないのだろうか?
 ギャンブル依存症に苦しむ方々やご家族による人生相談、ご祈祷、ご加持(カジ)、あるいはそうした方々への弁護士の紹介などを数多く行ってきた当山としては、理解し難い。
 政府も、「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連、通称:カジノ議連)のメンバーも、「1兆円市場」と称する政策の裏付けとなる〈国家百年の計〉をはっきりと示すべきではなかろうか?

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ