コラム

 公開日: 2014-12-28 

葬儀社様の商行為と寺院の宗教行為とは別ものであり車の両輪です ―安心なご葬儀とご供養のために―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈仙台市の『春昼堂(シュンチュウドウ)』さんにあります〉

 今年最後のQ&Aです。
 お寺とのできごとがいろいろあったAさんは、ネット上で質問、憤激、悔悟、落胆をされました。
「仏教とは、お坊さんとは、供養とは…。
 何が本当なのかわからなくなり、だんだんと仏壇のお務め、供養もいい加減になりつつあります。
 これから供養を続けていく自信がなくなりました。」
 まず、冒頭に、仏教界の状況に問題があることを心よりお詫び申しあげます。
 以下、当山で最も多い人生相談の一つについて、少々突っこんだ視点から考えてみます。

1 亡き方を供養し、慰霊しないではいられないまごころに気づく

 人は太古の昔から、死と死人と御霊とを畏怖してきました。
 そもそも「畏」は鬼の頭をかたどっており、霊的な力の前でかしこまる気持のことです。
 そして「怖」は、怖い、と、おののく様子です。
 どこにでもあるのに、日常的感覚からの強烈な断絶を感じさせずにはおかない死も、逝く人も、そして、去ってしまった人も放置できないのは、私たちに霊性があるからです。
 一個の動物として見聞きできる範囲を超えた世界を感じとる能力を持っているからです。
 昨日生きたように今日を生き、明日もこれが続くと無意識に信じ、漫然と生きている自分をふり返り、もしも一瞬後に、あるいは明日、あるいは来月、自分が死ぬことをリアルに想像してみましょう。
 また、故人となった人々を想い、自分との関係をゆっくりと思い出してみましょう。
 きっと、目先のことごとに追われている時とは異なる心が動くはずです。
 いつの間にか合掌しているかも知れません。
 畏怖を伴う霊性のはたらき、言い換えれば一種の〈まごころ〉の活動は、他人との関係によって揺るがず、お寺がどうこうとは別問題です。
 ここのところをしっかり確認しておかないと、「寺がけしからん、僧侶がけしからん、だから仏教も葬式も要らない」といった短絡的な主張に乗せられ、自分のまごころから葬送や供養の方法学び、考えるという大切な姿勢を失いかねません。

2 葬送や慰霊や供養が人生において大切なものであると考えるならば、それを依頼し、学ぶ相手を自分で探す

 私たちは病気になると、真剣に薬を求め、医者や病院を探します。
 自分で納得できない薬は服用せず、適当に医院の門を叩きもしません。
 病気は自分が処置できる能力の範囲を超えたできごとなので、信頼できるプロの力にすがらずにはいられません。
 ならば、〈死〉や〈死後〉について考え、何かを行おうとするならば、信頼できる宗教者や寺院などを探すのが当然ではないでしょうか。
 Aさんは「葬式業者数社と契約して、葬式ばかりして儲けるお寺もあると聞きました」と言われますが、商行為と宗教行為はまったく別世界の問題であることを、まず、確認しておかねばなりません。
 自分で宗教のプロを探し、納得や安心を得るというプロセスなしに端(ハナ)から業者任せにするならば、宗教行為が商行為、あるいは商行為の延長として行わてもよいと認める〈消費者〉になることを意味します。
 葬祭業者様は商行為として正当な業務を行い、僧侶は宗教行為として異次元の法務を行い、両者が車の両輪としてそれぞれの持分を充分に発揮すればこそ、葬送がまっとうに行われます。
 そうした葬送を可能にさせるかどうかは、商業ベースに乗らず、あなた任せではなく、別々なものを別々な視点から〈自分で選ぶ〉方々の姿勢にかかわるところ、大なるものがあります。
 賢い消費者になることが正直な店を存続させ、消費社会のペースに呑み込まれない生活を確立させるのと同じではないでしょうか?
 最近は、お元気な方でも〈事前〉のご相談にご来山されます。
 そして、共同墓の生前契約をしたり、一代墓の図面を眺めたり、生前戒名の取得を申し出たりする方々も多くなりました。
 信念や方針が明確に掲げられている寺院を訪ね、住職と会い、重大事を〈託せる〉かどうか、ご自身の霊性で判断されるようお勧めします。

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ