コラム

 公開日: 2015-01-17 

仏教を身近に感じてもらうにはどうすればよいか

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 経営者Aさんから人生相談があった。
「社員へ仏教的な素養をつけさせたいのですが、どうしたものでしょうか?」
 お答えした。
「そうですね。
 歴史や理論などについて聴いていただくよりも、み仏を身近に感じる経験をしていただいく方が役立つかも知れませんね。
 仏教に興味のある方々はすでに、お寺巡りや巡礼や文化講座など、熱心にやっておられますからね」

 こんな例を挙げた。
 当山で読経を勧められたBさんは、毎日、熱心にやっているうち、ふと、疑問が起こった。
 朝は、ご本尊様とご先祖様へ「今日も一日、しっかりやります。どうぞお見守りください」と願い、夜は、「今日も一日、おかげで無事に過ごせました」と感謝しているが、誰かから聞いた一言が妙に、気になり出した。
「仏は供養せよ。神には願え」
 ――仏様に願いをかけてはいけないんじゃなかったかな……。
 そして当山へご来山され、お答えした。

「ご本尊様としてお導きくださるみ仏とは、まず、悟りを開いた方です。
 人間が生き、死ぬ上での根本的な智慧と、人間らしく生きるための慈悲をすっかり兼ね備えたのです。
 いわば人間の理想像なので、そうした方へ憧れ、目標とするならば、それはすなわち〈あのようにありたい〉という願いをかけていることに他なりません。
 私たちが至心にご本尊様の前に額づくならば、無意識のうちにもう、清らかな願いをかけているのです。
 その延長上で具体的で身近なさまざまな願いが生じます。
 四国八十八か所の霊場がすべて祈願寺であるのを見てもわかるとおり、み仏へ願いをかけるのはごく自然な心のはたらきというしかありません。

 次に、私たちより先に、み仏の世界へ還り御霊となった方々について考えてみましょう。
 やがて貴女が年老いてあの世へ行く時、どんな気持でいるか想像してみてください。
 この世にいる夫や子供や孫や友人などの幸せを願い、この世が平和であるよう願ってはいないでしょうか?
 そして、あの世に行ったならば、きっと、同じ気持でこの世の人々を見守り、見ていられない時は手助けをしたいと思うことでしょう。
 私にはそうしたイメージ以外のものは想像できません。
 ならば、私たちが御霊を想う時、お見守りください、お助けください、と願うのは当然ではないでしょうか?
 み仏は私たちの故郷であり、親です。
 時として、み仏となった御霊へ幼子のようにまっさらな心でおすがりするのは尊い姿です。
 そして、この姿は、神社で神様へ祈る姿と何ら変わりはありません。
 み仏へ願いをかけるのはごく自然な心のはたらきというしかないのです」

 また、こんな例も挙げた。
 Cさんは経典を読誦しているうちに、自分の心がどこにあるかわからなくなった。
 娘が受験に合格するよう、娘の一代守本尊である千手観音様へ祈っていたのだが、願いと経文の内容が交錯したという。
 お答えした。

「順番をはっきりと意識すれば大丈夫です。
 まず、心にイメージする千手観音様のお像や梵字へ、娘さんの受験合格をしっかり祈ってください。
 そして、経文や真言を唱え始めたならば、一心不乱に経文や真言と一体になるのです。
 そうしている中で、合格を思うのは、今夜のおかずを何にしようかなと考えることと同じく〈余分な夾雑物〉でしかありません。
 貴女が唱えつつ千手観音様の世界へ近づけば近づくほど、入りこめば入りこむほど、貴女自身が清められ、願いはきっと、より届きやすくなっていることでしょう。
 お経を唱える際の『お次第』があるのは、このように、ものには順番があるからなのです。
 まじめにやっていると、必ず自分の姿、自分のやっていることが見えきます。
 そして疑問が湧いてきます。
 それは一段、深く学び、深く血肉にするチャンスです。
 どうぞ、これからもお励みください」
 
 こうした〈現場の真実〉に耳を傾けていただき、何かを感じとられた上での質疑応答や、あるいは参加者同士の討論などがあれば、きっと内容のある時間になることだろうとお話し申しあげた。
 Aさんは何度も頷かれたが、さて、どうなることか。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

年内の共同墓へのお納骨や墓地の確保ができます
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ