コラム

 公開日: 2015-01-31 

130万人デモの真実 ―私たちを縛るものは?―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈計算されつくした撮影により、この画像があたかもデモの先頭であるかのごとく世界中で報道された(よく見るとプラカードは一枚もない!)〉


〈世界各国が同一の意図で首脳たちを参加させた撮影現場は、みごとにデモから隔離されていた〉

 仏週刊新聞シャルリー・エブドがイスラム過激派に襲われた事件に対し、1月11日、フランス全土で370万人ものデモが行われた。
 パリでは、40カ国以上の首脳たちがスクラムを組み、「私はシャルリー」と書かれたプラカードを掲げた130万人ものデモ隊の先頭に立ったがごとく報じられた。
 フランスのオランド大統領、ドイツのメルケル首相、イギリスのキャメロン首相、イタリアのレンツィ首相、トルコのダウトオール首相、ヨルダンのアブドラ国王、イスラエルのネタニヤフ首相、パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長なども参加し、後に、アメリカのオバマ大統領が参加しなかったことについて議論が起こったほどの熱狂ぶりだった。
 フランスのメディアはこぞって「第2次大戦でナチスドイツからパリが解放されたとき以来の歴史的なデモ」などと報じた。

 日本のマスコミも大々的に報じたが、光景は異様であり、当山は河北新報へ「他者傷つけない行動を―言論の自由と宗教」の一文を投稿した。
 たやすく〈正義〉を標榜し、戦士となれば、斃すか斃されるかの渦中でのたうちまわるしかなくなる。
 国家の第一の責務は国民を餓えさせないことと、そして、戦争で殺さないことである。
 その点からすれば、アニメや日本食や科学などで世界をリードし、幅広い国々から信頼されている〈今の日本〉は、世界史上まれにみる状況にあると言えよう。
 日本がこの状態を維持すれば、世界から貧困と病気と戦争という三大苦を取り除くモデルとして、最大の役割を果たせるのではないか。
 一文では、そのために第一義とする価値は何であるかという問題提起をしたつもりである。

 さて、1月29日付の朝日新聞は、作家森達也氏の「『対テロ』多様な視点示せ」において、デモ報道の裏に隠された真実を明らかにした。
 各国首脳たちがスクラムを組む様子は、デモの大群衆とは別な完全に警護された場所で特定の角度から撮影されており、決して首脳たちは〈ジャンヌダクル〉だったわけではない。
 すでに英インディペンデント紙、英ファイナンシャル・タイムズ紙、ドイツ経済ニュースなどは写真付きで〈意図的につくられた現場〉の実態を暴いているが、日本ではなぜか、黙殺されたままである。

 こうした意図的な報道が地球規模で行われ、日本政府もまた、その一員であることを私たちは肝に銘じておきたい。
 森達也氏は稿の最後に述べた。
「世界中が対テロで一体化しつつある現在だからこそ、メディアは多様な視点を提供しなければならない。
 たとえ売国や国賊と呼ばれても。」
 同感である。
 人は、思想であれ、宗教であれ、一色に染められ思考停止に陥るほど危険な状態はない。
 それは、人が〈人でなし〉になる最短経路である。
 真に人を思い国を思うならば、頼るべきは偏狭なドグマでなく、もちろん感情でなく、人を人たらしめている霊性(レイセイ)であり、仏性(ブッショウ)である。
 私たちは、霊性や仏性を覆うものをこそ、恐れるべきではなかろうか。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ