コラム

 公開日: 2015-02-04 

お見合いにでかけた話 ―人は皆死に逝くものと知って春が来る―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 ある日、ところどころ凍結した道に注意しながら業者様の事務所でお見合いをした。
 もちろん、相手は異性でなく、仏縁を求めるAさんご夫婦である。
 当山へお見合いにおでかけになる方々は毎月、絶えないが、出張はあまり、ない。
 しかし、ご事情があるとのことで、でかけた。

 予定の時刻よりかなり早く現場へ到着し、仕事の邪魔をしてしまうかな?と心配しつつドアを開けたら、小柄なご夫婦はすでに、待っておられた。
 机上には当山のスナップ写真が数枚、重ねられている。
 業者様が事前に墓地や本堂などを撮ってくださったものであり、感謝の念が一気に強まった。
 立ち上がり、おでかけいただいてすみませんと繰り返すお二人がようやく腰を下ろされ、室内の明るさと暖かさが身に沁みてきた。

 遠方の出身者であるご主人はバリバリと仕事をしておられたが偶然、ガンの宣告を受け、大手術をきっかけにして人生行路が変わった。
「本当の救いは宗教にあるんですよね?」
 15年間、ずっとご自身なりに宗教を勉強してこられたそうだが、にこやかで面長なお顔からは謙虚さしか読み取れない。
 机をはさんで対面しながら、やや、ご主人よりも背を低め、幾分かイスを引いて座っている奥さんは視線を落としたままである。

 15年間かけて仏教を選びとり、墓地も用意し、今は救われていると感じているらしい。
 残った問題は自分たちを送ってくれる安心な僧侶と巡り会えるかどうかだけになったと率直に言われる。
「自分の寿命ってわかるものですよね?」
 奥さんも、立ち会った従業員さんも「そんなことないわよ」とやんわり応じたが、私は黙っていた。

 昭和13年、従軍の体験者である作家石川達三が書いた『生きてゐる兵隊』を思い出した。

「彼らが無傷で戦ってゐるあひだはどれほど戦友が斃れようとも覚醒するときのないはげしい夢遊状態のやうであった。
 むしろ戦闘がはげしくなればはげしいほど彼等の昏迷はふかかった。
 そしてひとたび敵弾が彼等の肉体に穴をあけたとき、卒然として生きてゐる自分を発見し死に直面してゐる自分をさとるもののやうであった。」

 私たちは、いつ「肉体に穴をあけ」られ、いつ「斃れようとも」不思議でない存在なのに、「無傷で戦って」いる日常生活にあっては、なかなか、その真実に気づかない。
 実際に身体に穴を発見するまで……。

 目の前で慎重に言葉を紡いでおられるご主人は、死や、死に逝く者(自分を含め)を〈そちら側〉へ置いたままにできないが、死ねばそれっきりさと〈そちら側〉へ置く人々は、果たして、自分のいのちを大切にできようか?
 上記の本にはこう書かれている。

「敵の命をごみ屑のやうに軽蔑すると同時に自分の命をも全く軽蔑してゐるやうであった。
 それは身を鴻毛(コウモウ…おおとりの羽毛)の軽きに置くといふほどはっきりした意識をもって自己にその観念を強制したものではなくて、敵を軽蔑してゐるあひだにいつの間にか我と我が命をも軽蔑する気になって行くもののやうであった。」

 戦場で敵のいのちを軽んじるようになると、「いつの間にか」自分のいのちをも軽んじてしまう。
 自己中心で無我夢中になっている私たちの日常生活でもまた、他人を軽んじ、死や、死に逝く人を軽んじていはしないか?
 それが実は、自分のいのちをも軽んじているという真実に気づかないのではないか?
 今生きている自分だけを大切にして生きるなどということがとんでもない錯覚であると知らず、幻の我(ガ)に操られる夢遊病者のように過ごしていはしないか?

 Aさんご夫婦は、大病によって人生の真実と向き合うようになられた。
 穏やかな笑顔はもう、み仏の世界におられることを証している。
 救われている方々に救われ、次の修法を行う場へ向かった。
 雲にも福寿草にも、春がそこまで来ていることを知らされた。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ