コラム

 公開日: 2015-02-24 

真智の開発をめざして(その17) ─すなおな心とは─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈塩釜市在住の隠形流居合行者藁科昇氏が被災地を撮影しました。3月1日の供養会で会場に流れます〉

 五智如来のお智慧の内容を、私たちにわかりやすく説かれたのが「優しさ・厳しさ・正しさ・優雅さ・尊さ」という教えです。
 私たちの心にある仏心がきちんとはたらけば、み仏の光が発し、妄知(モウチ…おかげさまと心の底から思えない惑った心)も邪知(ジャチ…万事を我がためとするよこしまな心)も消え失せます。
 さて、今回は「優雅さ」について考えてみましょう。

1 有徳の人を尊敬する

 人の間にある人間である私たちが安心や喜びを得、同時に周囲の人々へ安心や喜びをもたらすためには、心にゆったりと穏やかな部分がなければなりません。
 ギスギス、ピリピリ、カリカリしたままでは自分が成長できないだけでなく、周囲へもよからぬ気配を漂わせ、安心や喜びの縁を自他から遠ざけます。
 こうした人は、もちろん、グループの指導者を務める資格もありません。
 打算でなく自然に人垣ができるタイプの人には必ず、太陽のような穏やかさがあるものです。
 こうした穏やかさを持った人が人徳を高め、深め、その人徳がまた優雅で大らかな心をつくるというよき循環をもたらすもの、それが素直さです。

 糸の束を染める際に、元のところで強く結ぶので、全体が染まっても結ばれた部分の内側は白いままで残ります。
 それが「素」です。
 目という文字は、目の縁と眼球を線書にしたものが縦に置かれています。
 それに飾りが付くと「直」になり、「正しく見る」というのが元々の意味です。
 直の上部にある十文字は呪力を表す飾りなので、正しく見て悪や邪を祓うという深意も含んでいます。
 だから、「素直」とは、何ものにも染められていないまっさらな目でものごとをありのままに見ることであり、そこではおのづから霊性がはたらきます。
 古人は霊性のはたらきが悪や邪を祓うことを知っており、〈直(ナオ)い人〉こそが神に仕え、神の意を問い、祓う力を持つと考えました。

 素直な人は必ず、周囲にいる有徳者を見つけます。
 周囲とは、向こう三軒両隣、あるいは学校の先生や先輩などとは限りません。
 魂がブルブルッと震えれば、書物の中にも、新聞やテレビの情報からでも発見できます。
 発見し、尊敬が生まれれば少しでも近づきたいという願いが起こり、学び、同化をイメージしているうちにいつしか自分の徳も高まります。

 よき同化の反対が悪しき感化によるカルトへの、のめり込みや、犯罪への傾斜です。
 同化のイメージが狂った方向へと向かわないようにするためには、〈ものごとをありのままに見る〉真の素直さが必要です。
 そこにこそ科学や芸術や宗教の出発点があります。
 素直でない余分なものが科学を歪め、芸術を堕落させ、宗教を思考停止の狂信や盲信へ追いやります。

 さて、自分は大切な素直さを失ってはいないか、素直さが錆び付いてはいないか、時折、調べてみたいものです。
 方法は簡単で、「自分は誰を有徳の人として尊敬しているだろうか?」と問うだけです。
 もしも、「徳のあるやつなんていない。友人も先輩も先生も親も尊敬できないし、本当に徳がある人になんか会ったことがない」と思うならば危険です。
 それは周囲の誰にも霊性の光を発見できないということであり、「素」の部分に〈我(ガ)〉という余分な色が濃くついているか、「直」の目に〈好き嫌い〉という煩悩(ボンノウ)のフィルターがあまりにも強くかけられている可能性が高いからです。
 バカな友人は、本当にバカなだけなのか?
 意地悪な先輩は、本当に意地悪なだけなのか?
 居丈高な先生は、本当に居丈高なだけなのか?
 口うるさい親は、本当にう口うるさいだけなのか?
 実は、それらの人々が持っているまごころや徳に、自分が気づいていないだけではないのか……。

 ここで言う有徳の人とは絵に描いたような聖人君子だけではありません。
 有徳の人を尊敬するとは、言い換えれば、「他人様に徳を発見し、それを尊敬できる」という意味なのです。
 小説であり映画化もされた『悼む人』の主人公坂築静人は、亡くなったいかなる人にも愛し愛された人生の一幕があり、誰かに喜びを与えた一瞬があることを信じ、そうして生き、死んだ人を忘れないと誓うことによって死者を悼みます。
 悼みつつ、いつしか自分が救われ、周囲の人々も自然に救われます。
 これも又、〈徳の発見〉と言えるのではないでしょうか?

 素直な心を取り戻しましょう。
 誰かの徳に感応する心が穏やかになり、安心と喜びを得られますよう。

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ