コラム

 公開日: 2015-02-27 

紛争地における真実 ―「いま〝世界〟のためにできること」について―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈4月11日、寺子屋にて上映する映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』〉



 2月26日の「NHKクローズアップ現代」は、「いま〝世界〟のためにできること ~紛争地 それぞれの眼差し~」を放映した。

 過激派組織IS(イスラミックステート)による日本人殺害事件などが起こった今、長年、紛争地での人道支援や報道に携わってきた人々に深い自問自答が始まっている。
「いま自分たちに何が出来るのか」

 平成24年、シリアで取材中に殺害されたジャーナリストの山本美香氏は、日本における最後の講義においてこう語っていた。
「思いやりのある人間になってください」
 実に、見捨ててはおけないからこそ、ジャーナリストやカメラマンは悲劇が起こっている〈現場〉へ身を投ずる。

 危険のまっただ中では、臆病であることが大切だと言う。
 蛮勇は何もならない。
 故後藤健二氏もそう語っていた。
 臆病で注意深く行動してなお、簡単に殺害される状況とは……。

 イラク戦争開始後、10年間にわたってイラクの人々を撮り続け、昨年、映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』を完成させた綿井健陽監督。
「現地の人々の悲劇に思いを致し、伝えていくことが大切だ」
 同映画のプレス資料はこう結ばれている。
「イラク戦争で亡くなったすべての人たち、すべての負傷した人たち、そしてこれからのイラクを生きざるを得ない、それでも生きていく、すべてのイラク人たちにこの映画を捧げる」

 紛争地で子供たちへの支援を続けてきた「イラク医療支援ネットワーク」の佐藤真紀氏は、こうした状況でもなお、「危険地域から離れた難民キャンプなどで日本人が担うことは多い」としてイラクへ向かう。

 平成16年、イラクでサマーワの自衛隊駐屯地に立入許可証を受け取りに行き、バグダードへ戻る途中に殺されたジャーナリスト故橋田伸介氏の妻幸子氏は、募金を集め、イラクに病院を造った。
 病院一体は今、IS(イスラミックステート)に支配されているが、「報復よりも人々に寄り添うこと」を大切にして欲しいと願う。

 立教大学教授で「NPO法人難民を助ける会]理事長長有紀枝氏のコメントも重要である。
「かつて、ボスニア・ヘルツェゴビナで活動していた頃は、日本の国旗を掲げていれば安全だった。
 日本が紛争の当事者にならず中立的であることが広く認められており、私たちは日章旗に守られながら活動できた。
 今は違う」
「人情を人道へ変える仕掛けが大切だ」
「世界には、暴力はなくとも貧困に苦しむ人たちも膨大にいる。
 そうした人たちへの支援は欠かせない」

 当山では、4月11日(土)、映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』の上映が決まっている。
 綿井健陽監督のご来場はないが、108分にわたるこのドキュメンタリー映画を皆さんと共に鑑賞し、戦争といのちについてデイスカッションしたい。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ