コラム

 公開日: 2015-04-04 

行く人に とどまる人に 花吹雪 ―桜を詠んだ三つの句―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 当山では白梅が満開となり、桜の開花宣言も聞こえてきた。
 桜に関する現代俳句を読んでみたい。

 「行く人に とどまる人に 花吹雪」(富安風生)

 待たれていた花が咲いたと見る間に散ってしまう桜の時期は、人間にもまた大きな動きがある。
 哀歓のうちに、行き、来たり、とどまる。
 受験した子供は、あるいは万歳して入学し、あるいは悲嘆のうちに望まぬ道へと歩み入る。
 かつては受験戦争と言われたが、今は想像を絶する就職戦争である。
 今年の1月、人材派遣の業界団体が開いた新年会に招かれた厚労省職業安定局の富田課長は、つい、本音を吐いた。
「これまでは派遣労働というのが、期間がきたら使い捨てだったというふうなモノ扱いだったのが、ようやく人間扱いするような法律になってきたんじゃないか」
 労働者派遣法改正案を担当している立場から協力を仰ぎたいと考えた発言であろうが、官界と財界の姿勢がよく表れている。
 自然の節理によって廻(メグ)る季節の中で、自由意志を持つ私たち人間は何をやっているのだろう。
 私たちは右往左往しつつ、祝福するかのごとく頭上から舞い降りる花びらたちに恥ずかしくない文明を生きているだろうか。

「はればれと わたしを ころす 桜かな」(四ツ谷龍)

 暖まってきた空気の中で爛漫と花開く桜は天下無敵である。
 二本足で危うく地上に立つ人間などが抗し得るしろものではない。
 視界の〈そちら側〉でたちまちに咲き、たちまちに散ってしまうので、桜と人間という異次元のものたちが交錯する時間は短く、いかに圧倒されても、その印象はあまりにも儚く薄れ去る。
 しかし、この詠み手は違った。
 人間界では望みようもない桜の晴れやかさと、まともにぶつかってしまった。
 ノックダウンされるのは当然であろう。
 あまりにも明らかで、もはや笑うしかないような状況なので、「殺す」という深刻な言葉さえドン・キホーテ的な軽みを帯びている。
 そのカタストロフィは何かを清め、リセットする力を発揮してくれるのではなかろうか。

「風を聴く さくらは おどろなる木なり」(大木あまり)

 桜にいのちを感じてしまうと、こうなる場合がある。
 晴れやかさに伴っている禍々(マガマガ)しさの力は死界からやってきており、咲く花々の一輪一輪が死の翳を帯びているからだ。
 花たちは、自分にとって死に神となる風の到来にいつも聴き耳を立てている。
 咲くことは散ることと宿命的に一体なので、花たちは怖れない。
 むしろ、〝さあ、来い!いつでも散ってやろうではないか〟とめいっぱい甘美な笑顔で待っている。
 おどろおどろしいと言うしかない。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ