コラム

 公開日: 2015-04-11 

「卯月来ぬ自分に飽きてゐる自分」(三橋 鷹女) ―4月の不安―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 四月は卯月(ウヅキ)と呼ばれてきた。
 何と言っても、卯の花が咲く時期である。
 卯の花は空木(ウツギ)に咲く花である。
 アジサイの仲間である空木は人の丈を遥かに超える植物なのに茎は中空。
 空っぽなので空木と呼ばれるようになった。

「卯月来ぬ自分に飽きてゐる自分」(三橋 鷹女)

 この句は、そこをふまえ、空っぽな自分に嫌気がさしている気分をそのまま詠んだ。

 卯の花の白色は緑色の葉を背景にして輝く。
 耀きには、緑色に含まれる黒色のはたらきが大きくかかわっている。
 この時期に日陰で紫色の小さな花を咲かせる青木の葉などは、まるで背景の闇を自分の身にまとったかように黒光りする見事な緑色を見せる。
 空木は緑色の不思議さを際立たせながら白い卯の花を結ぶ。
 桜の花は桜色であろうが白色であろうが紅色であろうが、見られた以上、〈そこにいる〉だけというわけには行かない。
 私たちの心へ、希望や安堵や、あるいは不安など、何かを生じさせる。
 しかし、空木は違う。
 じっと眺めていても、細やかな白たちは特に何を主張するわけでもなくじっと〈そこにいる〉。
 そうした空木のありようも鷹女に「飽きてゐる」と詠ませたのだろうか。

 鷹女にはもう一句ある。

「卯月来ぬましろき紙に書くことば」

 4月が卯月と呼ばれるようになった理由について、上記とは別の学説もある。
 ものごとが始まる「初(ウブ)」や「産(ウブ)」によるという。
 私たちは確かに、学校も会社も4月をスタートとする文化の中で生きている。
 4月になって桜が咲くと、多くの人々の心に「さあ、これから」という気持が漲る。
 鷹女は、どのような運命も創り得る〈原初の状態〉を白色で表現したのだろう。
 真っ白なカンバスには何でも描けるのである。

 しかし、冒頭の句を読んでしまうと、必ずしもそうした希望的張り切りようだけでは済まないような気もしてくる。
 どこかボンヤリとした気分にまつわれ、「ましろき紙」が目の前にあるのに「書くことば」が出てこないのかも知れない。
 何しろ、三橋鷹女の心には一筋縄ではゆかない尋常ならぬものが潜んでいるのだ。

「この樹登らば鬼女(キジョ)となるべし夕紅葉(ユウモミジ)」

 夕陽に包まれ血の色さえも帯びつつある紅葉を眺めているうちに、紅葉の樹と同化して鬼女になってしまいそうだという。
 樹に手をかければもう人間ではなくなるギリギリのところに人知れず佇んでいる。
 こうした俳人が、始まりの時期だからさて、どうしようかなどという、我々のように凡庸な気持でいるわけはない。
 きっと、空木に通じる空虚さや何でもでき得る自由の不安に立ち止まっているのだろう。

 いずれにせよ、4月は実に複雑な時期である。
 鷹女の句はそこを表現してあまりにも秀逸だ。
 だからこそ没後半世紀になろうとしている今なお、こうして読まれているのだろう。
 ボンヤリと飽きていないで、何かを書いてみたい。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ