コラム

 公開日: 2015-05-01 

5月の守本尊様と真言

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 5月は、立夏(リッカ)と小満(ショウマン)の皐月(サツキ…5月6日より6月5日まで)です。
 5月は巳(ミ)の月なので、守本尊は普賢菩薩(フゲンボサツ)様です。

 普賢菩薩様は、『諸善解脱三昧智力(ショゼンゲダツサンマイチリキ)』という、苦を解決し心の平穏を保つ智慧をつかさどるみ仏です。
 煩悩(ボンノウ)は、自分を迷わせ、他から邪魔される魔ものを呼び込み、いざ何かをしようとする時に、思わぬ妨げとなります。
 正しい方法によって煩悩を菩薩(ボサツ)の大欲(タイヨク)へ転換させ、自分と周囲を清め、よき運命の創造に障害となる魔ものを祓いましょう。

 また、普賢菩薩様は、辰己(タツ・ミ)年生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあり、身体においては、主として腕や手をお守りくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、心豊かで無事安全に過ごしましょう。

 以下は、普賢菩薩を讃歎する経文です。

「普賢は人々が○さとり求める菩提心(ボダイシン)○発(オコ)し慈悲ある人生(イキカタ)を○為(ナ)さんと願うその心○正しき法(オシエ)に引導(インドウ)す○菩薩(ボサツ)の行(ギョウ)と誓願を○われら衆生(シュジョウ)に顕(アカ)されり」

(普賢菩薩は人々が人生の真実を知りたいと願い、思いやりのある人生を生きたいと願う時、その心を正しい教えへと導く菩薩としての実践と誓いを明らかにされる)

 以下は、普賢菩薩の導きにより六根を懺悔(サンゲ)し清浄にする方法として、お釈迦様がアーナンダに説いた偈頌(ゲジュ)です。

1 眼根(ゲンコン)
「若(モ)し眼根(ゲンコン)の悪有って 業障(ゴッショウ)の眼不浄ならば
 但(タダ)当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 第一義を思念すべし
 是(コ)れを眼を懺悔(サンゲ)して 諸(モロモロ)の不善業(フゼンゴウ)を尽くすと名づく」

(もし、眼が悪しきはたらきを重ね、悪しき見方をするようであれば、一心に大乗の教えを読誦し、最高レベルの教えを思念せよ。
 これが、眼がつくった罪を懺悔し、さまざまな悪業を滅する方法である)

2 耳根(ニコン)
「耳根(ニコン)は乱声(ランショウ)を聞きて 和合の義を壊乱(エラン)す
 是(コ)れに由(ヨ)りて狂心(オウラン)を起すこと 猶(ナ)お癡なる猿猴(エンコウ)の如(ゴト)し
 但(タダ)当(マサ)に大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し 法の空無相(クウムソウ)を観ずべし
 永く一切の悪を尽くして 天耳(テンニ)もて十方(ジッポウ)を聞かん」

(耳のはたらきは、乱れた聞き方をし、和合の意義を破壊する。
 乱れた聞き方によって過った心になるのは、本能のみで走り回る愚かな猿ののようなものである。
 一心に大乗の教えを読誦し、すべての現象は空《クウ》であり、固定した姿を保つものはないことを観ぜよ。
 そうすれば永久に一切の悪を滅し、仏神の耳となってすべてのものごとをありのままに聞くことができよう)

3 鼻根(ビコン)
「鼻根(ビコン)は諸香(ショカ)に著(チャク)して 染(ゼン)に随いて諸(モロモロ)の觸(ソク)を起こす
 此(カ)くの如(ゴト)き狂惑(オウワク)の鼻 染(ゼン)に随いて諸塵(ショジン)を生ず
 若(モ)し大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)し 法の如実際(ニョジツザイ)を観ぜば
 永く諸(モロモロ)の悪業(アクゴウ)を離れて 後世(ゴセ)に復(マタ)生ぜじ」

(鼻のはたらきは、さまざまな香りにとらわれ、染められたままに過った感情のはたらきを生ずる。
 このように狂い惑った鼻は、とらわれ染められたままにさまざまな煩悩を起こす。
 もしも、大乗経を読誦し、すべての現象はそのままに悟りの世界であるという真実を観ずるならば、
 永久にさまざまな悪業を離れて、輪廻転生《リンネテンショウ)》する先に、ふたたび同じ過ちを犯すことはない)

4 舌根(ゼッコン)
「舌根(ゼッコン)は五種の 悪口(アック)の不善業(フゼンゴウ)を起こす
 若(モ)し自ら調順(ジョウジュン)せんと欲せば 応(マサ)に勤めて慈心を修し
 法の真寂(シンジャク)の義を思いて 諸(モロモロ)の分別(フンベツ)の想無かるべし」

(舌のはたらきは、五種類の悪しき言葉づかいとなって悪業を生じる。
 もし自ら、はたらきを正しく調えようとするならば、思いやりの心によって実践し
 不動の真理である仏法に心を合わせ、自分勝手にわけへだてするやり方を離れよ)

5意根(イコン)
「心根(ンシンコン)は猿猴(エンコウ)の如(ゴト)くにして 暫(シバラ)くも停(ト)まる時有ること無し
 若し折伏(シャクブク)せんと欲せば 当(マサ)に勤めて大乗(ダイジョウ)を誦(ジュ)し
 仏の大覚身(ダイカクシン) 力無畏(リキムイ)の所成(ショジョウ)を念じたてまつるべし」

(意識は猿のように落ち着きなくはたらき、しばらくもじっとしていない。
 もし、このように乱れたはたらきのままに任せず、正しく制御しようとするならば、大乗の教えを読誦し、
 悟ったみ仏の偉大なお姿と、何ものも畏れない無限の救済力とをじっと意識に保たねばならない)

6身根(シンコン)
「身は為れ機関の主 塵の風に随いて転ずるが如(ゴト)し
 六賊は中に遊戯(ユウゲ)して 自在にして罣礙(ケイゲ)無し
 若(モ)し此の悪を滅して 永く諸(モロモロ)の塵労(ジンロウ)を離れ
 常に涅槃(ネハン)の城に処し 安楽にして心憺怕(タンパク)ならんと欲(ホッ)せば
 当(マサ)に大乗経(ダイジョウキョウ)を誦(ジュ)して諸(モロモロ)の菩薩(ボサツ)の母を念ずべし」

(身体は、さまざまなはたらきを統合的に司る一方、塵が風に吹かれるように周囲の状況によって影響を受ける。
 眼・耳・鼻・舌・心・身の六根は、それぞれが勝手に動き回り、制御されていない。
 もし、こうした有様によって生ずる悪を滅し、永久にさまざまな煩悩や煩悶から離れ、
 いつも悟りの境地にり、安楽で心が淡々と乱れないようにしたいならば、
 まさに、大乗経を読誦し、さまざまな菩薩を生ずる母体である根源的智慧と慈悲を心に保たねばならない)

 見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、思ったり、触れたりする体験が、好みや執着心などによって、そうしたはたらきにどんどんクセや歪みなどを生じさせ、あたかも曇ったり歪んだりしいている鏡が問題を起こすように、苦をもたらしてしまいます。
 そこをいったんクリアにするため、空(クウ)を説く大乗経典を至心に読誦し、学ばねばなりません。
 「苦を解決し心の平穏を保つ智慧をつかさどる」普賢菩薩はその際、力強い導き手になります。
 まっさらな心で真言を唱えれば、きっと、心の曇りは晴れることでしょう。



 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた普賢菩薩様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 4月の守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時、あるいは感謝したい時は、合掌して普賢菩薩様の真言(真実世界の言葉)を唱えましょう。
 たとえ一日一回の行でも、信じて行なえば、ご本尊様へ必ず思いが届きます。
 続けて行う回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。
「おん さんまや さとばん」

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ