コラム

 公開日: 2015-05-02 

仏様へお酒を供えてもよいか ―仏道とお酒について―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈平成5年に建立された斎場の出窓〉


〈ご寄進いただいた江戸切子〉

 よくあるご質問の一つが、「故人はお酒が好きだったのですが、お供えしていいでしょうか?」というものです。
 お大師様は、お酒は適切に用いれば薬になるが、仏道修行においては災いの元であると戒めておられます。

1 瞑想修行のこと

 飲酒して瞑想することを想像すれば仏道修行上の害は明らかです。
 好き放題をしたい日常生活的欲望によって覆い隠されている〈み仏の心〉を求めて修行する際、好き放題という姿勢は許されません。
 また、我(ガ)に覆い隠されている〈み仏の智慧〉を求めての修行と、我(ガ)を膨らませる飲酒は両立しません。
 また、注意深く意識を制御して深層へ下りて行く瞑想と、制御を取り外す飲酒は両立しません。

2 戒めのこと

 戒律の基本は10の『十善戒』ですが、それを縮めた『五戒』の5番目に「不飲酒(フオンジュ)」があります。
 これは、酒を飲むことによって、『十善戒』の5番目以下が成り立たなくなるからであるとされています。
 すなわち、飾り言葉を語ったり、粗暴な言葉づかいになったり、二枚舌を使ったり、いろいろな欲望が膨らんだり、怒ったり怨んだり、道理でない勝手な考えを持ったりいsがちだからです。

3 持斎のこと

 身を慎み心を神妙に保つ持斎は、死者を前にして自然に起こるふるまいです。
 慎む服装で感謝と告別の葬儀を行い、あるいは参加します。
 その後も自分なりに一定期間、歌舞音曲を控え、歓楽を慎みます。
 こうした中に、飲酒への慎みも生じるのは当然です。
 だから、最高の礼をもって死者をお送りするご葬儀にからみ、僧侶が好き放題に飲酒するなどということは、あってはならないと考えています。

4 その他

 現代の日本仏教に対してよく言われる批判に、妻帯と飲酒があります。
 特に小乗仏教の立場、あるいは原始仏教崇拝者から「堕落している」と責められる場合もあります。
 しかし、今のやり方で生き、実践している一行者としては、娑婆で暮らす方々と同じ体験をしてようやく根本的な〈苦〉がつかめ、皆さんと共にその克服を目指せるようになったという実感があります。
 また、結婚して家庭を持ち子供を育て、生活を維持し、地域住民の一人して生きるという娑婆的生活の中にあってなお、出家者としての基本姿勢を保つことは、そう簡単でなく、時として引き裂かれそうになる葛藤こそが、ピュアな行者としての資格を試す最も大きな修行となったりもします。
 そして、それらを秘めたまま袈裟衣を着けて人生相談に応じ、出家者でありながら皆さんと共に涙し、笑い、苦の克服に当たるところに大乗仏教の行者たる資格があると考えてもいます。
 飲酒もそうした感覚の中で自分なりにコントロールするしかありません。

 上記のとおりなので、当然、特殊な修行において飲酒することはなく、アルコールの入った状態での修法はあり得ません。
 また小生は、お通夜であれ法要後であれ、持斎の時期にあって飲酒することもありません。
 かつて、懺悔と自らへの懲罰として禁酒した時期もありましたが、現在は、法務に耐える心身の健康を維持するため、行者として必要不可欠な懇親を深めるため、以上の二つに限って自分へ許しています。

5 結び

 清らかな世界へ旅立った御霊のため、あるいは仏神への尊崇を表すためにお酒を備えるのは可です。
 故人の好きだったものを供えることによって喜んでもらい、供養する気持を届けたいという心延(バ)えは美しく、なんぴとたりとも否定できはしません。
 また、仏神に感謝し、お喜びいただき、救済の威力が増すようにと願い、祝いにおける伝統的捧げものであるお酒を供えるという素朴な感覚も、時代を超えた清らかなものです。
 こうした問題には柔軟に、かつ本筋を曲げず、智慧をはたらかせて対応したいものです。

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ