コラム

 公開日: 2015-05-06 

現代の偉人伝第207話 ―プロ野球久保康友投手―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 5月4日、プロ野球DeNAベイスターズの久保康友投手(34才)は被安打2、9奪三振、101球で完投勝利を挙げた。
 6回を終えて走者はゼロという快投に、ファンは、もしかしたら一人も走者を出さない完全試合を観られるかと期待したが、7回、先頭打者にホームランを浴び、大記録は成らなかった。
 しかし、試合後の久保康友投手は淡々としていた。

「(完全試合は)ないでしょう。
 まったく狙っていませんでした。
 (完全試合や完封は)2勝分になるならいいけど、(運にも恵まれて偉業が達成できること)それ自体は意味がありません。
 僕は野球の方で運を使いたくないんでね。
 人生の方で運を使っていきたいんでね」

 たった101球を投げただけで勝利したことについて問われ、答えている。

「早く試合を終わらせて次の試合に備えることが大事です」
「野球は、実力と技術でがんばりたい」

 こうした言葉は耳にしたことがない。
 まず、完封勝利はピッチャーにとって最高の達成感があるはずだが、彼はそんなものを端から望んでいない。
 ましてや、飛び抜けた実力だけでなく、大いに運にも恵まれなければ成し遂げられない完全試合など、問題にもしていない。
 もちろん、完封すれば嬉しいだろうし、ましてや〈夢の〉と形容される完全試合なら、一試合でこれ以上の成績を残しようのない究極的はたらきなので他に比べようもない満足感などが得られよう。
 しかし彼はプロとして、そうした稀にしかできない特大の花を咲かせるようとするのではなく、常に、周囲から期待されるだけの花を確実に咲かせ続けることが使命であると考えている。
 だから今日、大勝であろうと、薄氷を踏む思いであろうと勝利という一輪の花を咲かせたなら、次の機会にまた一輪を咲かせることしか眼中にない。
 そして、そのために自分が準備できるのは「実力と技術」だけであり、ツキなどには決して頼らない。

 そもそも、勝負事の世界にいる人たちは、ツキのありがたさも怖さも熟知している。
 幸運も不運も長続きしないことは身に沁みていて、幸運の時期には実を慎み、不運の時期には諦めないで波を利用し、乗り越えてもいる。
 だから、自分の力で結果を出さねばならない〈仕事〉において幸運を期待はしない。
 むしろ、何気なく暮らす日常生活においてこそ、思いがけない僥倖が大きな意味を持つ。
 よき出会いなどはその典型と言える。

 彼は平成25年、すばらしい実績をひっさげ、感謝と期待に包まれててDeNAベイスターズへ迎え入れられたおりに、こう述べている。

「DeNAベイスターズのファンや関係者の方々から『FAで来てくれてありがとう』という言葉をいただきましたが、自分にはまだお礼を言っていただく必要はありません。
 自分が皆さんから『ありがとう』と言ってもらって本当の意味で安堵し喜べるのは、自分がチームに貢献して、DeNAベイスターズが優勝した時だと思っています」

 彼は仕事師(プロ)の何たるかをクールに示してくれた。
 今日、無事に結果を出し、それを次回への準備とする。
 実力と技術を高めつつ淡々とこれを繰り返す。
 見習いたい。
 
 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ