コラム

 公開日: 2015-05-15 

なぜ、僧侶が居合をやるのですか? ―剣と菩薩―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈鈴木芳男氏(仙台市泉区)が撮られた当山の水子地蔵様〉

 ときおり、ご質問をいただきます。
「どうして僧侶が居合をやるのですか?」

 仏教の修行は、身体と言葉と心のはたらきを、み仏に合わせて生きる練習である。
 それは、畢竟、〈誰かのためになれる存在〉つまり、菩薩(ボサツ)を目ざすことに他ならない。
 菩薩は、時に応じ、ことに応じ、相手に応じたふるまい、言葉づかい、適切な思考と感情の動きをする。

 隠形流(オンギョウリュウ)居合は、気力や体力や斬る技術の錬磨を行うのではない。
 菩薩の姿になり、真言や九字や経文を口にし、み仏の世界をイメージする。
 だから、マンダラの中に膨大なみ仏がおられるように、斬る形も膨大にある。
 剣をもって大きく斬る形が心中で結ぶ印や切る九字となって魂へ刻みつけられれば、行者はやがて剣を持たずとも、文殊菩薩にも千手観音にもなれる。
 自然の一部である身体を最大限に生かして、菩薩へ近づく。

 剣は怖い。
 他を斬るための道具だからだ。
 もちろん、稽古中に自分自身を傷つけたりもしてしまう。
 それだけに、決して他人を傷つけぬよう最大限の注意をはらうのはもちろん、護身法(ゴシンポウ)を結ばずして剣を手にすることはない。
 そうして剣を知れば、剣は生きる。
 この世はマンダラであり、慈悲と智慧の目で観れば人は皆、み仏の子であり、モノは皆、法具となる。
 古(イニシエ)の時代には、人を斬る道具だった剣が、菩薩を目ざす者にとっては九字を切る法具となる。
 虚空蔵菩薩も不動明王も剣を持っておられるのには理由がある。

 こうして、あらゆるものを生かすのが仏法である。
 ただし、人間が欲と好奇心から生み出した道具の中には、なかなか菩薩たり得ない人間に使いこなしきれない道具もある。
 それが明白なのは核である。
 道具が世界の主人公となって磁石のようにありとあらゆる欲を集め、人類を破壊させかねない危険が広く承知されつつも、既得権者は容易に手放そうとしない。
 もう一つは貨幣ではないか。
 貨幣が偏在することによって心に慢心、頽廃、怨恨、絶望が生じ、社会は軽薄で無慈悲になり、欺瞞的な希望の鐘が打ち鳴らされつつ、人はばらばらになって行く。

 稽古の冒頭に誓う言葉の一つである。
「我、権利より尊さを主張するは、人は万物の長であることを忘れず、自他の発展を願うがゆえなり」
 自己中心の我欲に流されず、他のためになろう。
 人が霊性を持っていることを忘れず、皆と共に向上心を持って生きよう。
 一同、こう誓ってから、剣をふるう。

 当山において居合を行うのは、おおよそこうした理由によります。


〈仙台国包(クニカネ)の直刃(スグハ)を目ざし、七つ森の主峰笹倉山の麓で錬磨の一生を送った幻の刀工葉山丸(ヨウザンマル)の作品が納められました〉


〈研ぎ上がりが楽しみです〉

 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ