コラム

 公開日: 2015-06-01 

お焚きあげしたモノの因縁は天まで届くか ―モノの世界と見えない世界―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 お焚きあげに来られた方から、ご質問がありました。
「苦労の中で亡くなった姉の遺品をお焚きあげしていただきたいのですが、燃やした煙が天に届いて、姉はまた、苦労を思い出すのではないでしょうか?
 私たちは、死によって姉もようやく楽になってくれたかという思いでいるものですから……」
 お答えしました。
「そうですか。
 ご愁傷様でしたね。
 そうした心配は要りません。
 当山が行う修法は、モノにまつわる因縁を消し、モノと関係の深かった方の心が解き放たれるよう、お不動様のお慈悲をいただく祈りです。
 必ずこうしてからお不動様をお祀りしている炉において、モノを焚き、天地自然へ還します。
 炉の火は、お不動様がまとっている火炎であり、その炎はあらゆる迷いを解き放つ智慧の象徴とされています。
 だから、お焚きあげの根本は、心とモノの〈解き放ち〉にあるので、現存中の方も、亡くなった方も、必ず安心を得ていただくという信念でお大師様から伝わる修法を続けています。

 また、亡くなっても消えてしまわない魂というものをあまり実体化しないようにしましょう。
 私たちは、一つには業(ゴウ)という目に見えない影響力と、もう一つには精子と卵子の結合というモノの創造力との因縁で、この世に生まれました。
 そして、モノとしての耐用年数が過ぎれば、肉体というモノは分解されて分子になりますが、業(ゴウ)は、善きものも悪しきものも、目に見えぬ世界のどこかへ刻まれ、記録されるはずです。
 もしも、それがなければ、私たちが〈唯一無二の存在〉としてこの世に生まれ出ることはあり得ません。
 やがて、私たちが亡くなってしばらく経ち、かつて生まれたのと同じように、二つの世界が交差する因縁の形成があれば、私たちはきっとこの世へ転生(テンショウ)してくることでしょう。
 私たちが亡くなった方を想い、安心を祈るのは、モノの世界でなく目に見えない世界での通じ合いを信じているからです。

 ちなみに、三回忌などの年忌供養において、亡き方用と、なかなか供養してもらえない無縁の御霊用と、供養善を二膳、捧げるのは、実際に料理を食べていただくためではありません。
 目に見えるモノの世界で〈自分にできる限りの準備〉をすることによって、〈自分にとって精一杯の誠意〉を捧げるという心になり、その心をあの世へ届けるためです。
 私たちの心は、見聞きするモノと連動しており、モノを通じての心の表現は欠かせません。
 日常生活におけるマナーもそうです。
 服装や言葉づかいや身ぶり手ぶりに、その人の社会に対する誠意が表れています。
 よき心さえあればそれでよい、のではありません。
 本当によき心のある人は必ず、たとえ目立たなくても、それらしい、その方なりの表現を実践しているはずです。
 だから、形をいいかげんにすることは、ほとんど、心をいいかげんにすることにつながっています。
 もしも、〈形式的なことは嫌い〉でも、人生や社会へ対して誠意のある人ならば、必ず、誠意を表現するその人なりのフォームを持っているはずです。

 お話が少々、脱線しましたが、貴方様がお身内の方の心と、思いのこもったモノとに対してお焚きあげという形で対応されることは、貴方様の誠意の表現です。
 ご説明申しあげたとおりに一生懸命修法しますので、どうぞご安心ください」

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ