コラム

 公開日: 2015-06-03 

過去の情報は宝もの ―「マッチ売りの少女」とは?―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈剣印〉

 お大師様は説かれました。

「人が生きるべき道は無数に説かれている。
 それらが文字に残されず、吟じられてもいなければ、どうして根本的な道を知ることができようか。
 とうていわからない、もちろん私にも」

 以下、原文の読み下し文です。

「道(ドウ)を言い、道(ドウ)を言うに百種の道(ドウ)あり。
 書(ショ)死(タ)え、諷(フウ)死(タ)えなましかば、本(モト)何(イカン)がなさん。
 知らじ、知らじ、吾も知らじ」

 仏法を学ぶ立場からすれば、お釈迦様が入滅された後およそ500年もの間、教えが語り継がれていたからこそ、仏典が編まれたのであり、それらが解読され、探求されたからこそ、現在の修行が成り立つので、言い伝えられ書き伝えられすることは文化にとって欠かせません。
 そもそも、人間とは、自分とは何者なのか?という問いを問う時、人間は何をやってきたのだろうか?と調べることはとても重大です。
 過去から遺された情報によって、先人たちはこういう時にはこうした、人間は往々にしてこうしたパターンで行動するものだ、と知ると、自分のふるまい方、生き方をどうすべきか、具体的なイメージがつかめやすくなります。
 
 さて、私たちはアンデルセンの童話「マッチ売りの少女」を知っていますが、そもそも、安価なマッチを売るだけで少女たち、あるいは少女にまではたらかせねばならないような貧しい人びとが生きてゆけたのかどうか、よくわかりません。
 この〈マッチ売り〉には暗喩(アンユ)があります。
 戦争後などの混乱した時代に、少女たちはマッチそのものを商品として売るだけでなく、男を暗がりに誘い込み、マッチの明かりでこっそり陰部を見せてお金をもらうという哀しい行為によって生き延びたという隠された歴史もあるのです。
 もちろん、日本が太平洋戦争に敗れた後の廃墟においても――。
 当山はブログ「日本が戦争をする時、小学生はどうするか?」において、寺山修司の「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」について書きましたが、この一首もまた、そうした光景を詠んだのではないかという説があります。

 私たちは、すべてを言い遺したり書き遺したりはできません。
 そもそも、後の世代へ渡したいものもあり、渡したくないものもあり、忘れてもらいたいことごとすらあります。
 東日本大震災で被災した建物などを遺構にするかどうかという判断は、地域住民にとって最も苦しい選択です。
 マッチ売りの少女が生きた〈事実〉も、ほとんど語られてはいません。

 そして、遺された情報をどうするかは、受け手に委ねられています。
 お大師様はこうも説かれました。

「仏法は私たちへ示されるか、それとも私たちから隠され知り得ないかという問題ではない。
 私たち自身のありようによって、縁がない場合もあり、縁になりもする。
 それはちょうど、宝ものが見つかったり見つからなかったりするのに似ている」

 以下、原文の読み下し文です。

「法は行蔵(ギョウゾウ)なし、人に随って去来(コライ)す。
 宝の得がたきに似たり。
 得(ウ)るときんば則ち開く」

 まぎれもなく〈そこに在る〉宝ものであっても、見つけられる人もいれば、見つけられない人もいます。
 それは何も高価なものばかりとは限りません。
 おいしい野草のようなものですら、その価値が見逃されたり、生かされたりします。

 過去が遺した情報は貴重です。
 そして、遺された情報に接する私たちのありようも大切です。
 私たちはいかなる過去にどう向き合うか?
 よく考えてみたいものです。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ