コラム

 公開日: 2015-06-05 

「そのうち」を待たず…… ―相田みつをと朝比奈宗源―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 今から30年前、友人A氏は、相田みつをが書いた『雨の日には雨の中を、風の日には風の中を』の一節を自分へ言い聞かせていた。

「そのうち お金がたまったら
 そのうち 家でも建てたら
 そのうち 子供から手が放れたら
 そのうち 仕事が落ちついたら
 そのうち 時間のゆとりができたら

 そのうち……
 そのうち……
 そのうち…… と、
 できない理由を
 くりかえしているうちに
 結局は何もやらなかった
 空しい人生の幕がおりて
 頭の上に 淋しい墓標が立つ

 そのうちそのうち
 日が暮れる
 今来たこの道
 かえれない」

 当時、A氏は、「今、やらねば」と奮い立っていた。
 最近、久方ぶりに会った氏は、もう、墓標をどうするかという現実に直面していたが、選んだ「この道」をぶれずに歩んでおられた。

 小生はその頃、娑婆で商売も悪さも盛んに行っていたが、なぜかこんなことを書いていた。
「近頃、生きているということは死んでいないことにすぎないという気がしている。
 自分より先に死んだ先祖・友人などは無くなってしまったのではなくて、永遠の存在の中に戻って行ったのだと思う。」
 そして、浅沼稲次郎を刺殺した山口乙矢、割腹自殺した三島由紀夫、飛行機が墜落したポトマック川で女性に2度も命綱を譲って死んだ銀行監査官アーランド・ウィリアムスなどに理想の生死を観ていた。
 かつて、鎌倉の円覚寺で座禅の手ほどきを受けた朝比奈宗源師の言葉が、どう生きたらよいかわからない者への灯火になってはいた。
「仏心の中に生死はない。
 いつも生き通しである。
 人間はその仏心の中に生まれ、仏心の中に生き、また息を引きとるのだ。
 その一瞬一瞬が仏心の真只中(マッタダナカ)であると信じきれれば、生は生であって生でなく、死は死であって死ではない。」(朝比奈宗源著『仏心』より)
 問題は仏心がわからないことであり、ついに娑婆の破綻者に堕ち、即身成仏(ソクシンジョウブツ)を目ざす一密教僧となった。

 屈託ない笑顔を見せているA氏は今、一筋に歩んできた某組織のリーダーとして現役だ。
 A氏などと共に理想を目ざした仲間37人のうち6人は鬼籍へ入った。
 もはや、「そのうち」はなく、問題は限りなく単純化されている。
 何ができるか、どう死ぬか。
 一息、一息、進みたいと思う。

 今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0



 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ