コラム

 公開日: 2015-06-11 

音信不通だった親の供養について ―供養の本質―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈希望〉

 ある時、子供の頃から深い確執のあった父親を亡くしたAさんからご相談がありました。
「どこにいるかわからなかったのに、突然、亡くなったという知らせが来て、お骨を守ることになりました。
 供養すべきであるとは思いますが、そもそも、供養ということがよくわかりません。
 どう考えればよいのでしょうか?」

 お答えしました。
「供養は、インドの言葉プージャ(敬意をもって懇ろにもてなすこと)です。
 漢訳の『供養』は供給資養を略しており、『供』は身体と言葉と心のはたらきすべてをかけて何かを捧げることです。
 また『養』は尊い相手に対してへりくだり、相手のためになるよう何かを捧げてお仕えすることです。
 つまり、み仏や先亡の御霊を敬い尊ぶまごころから何かをしないではいられなくなり、自分にできる限りの精一杯を尽くすのが供養です。

 お水は無条件で施す〈布施〉、塗香(ズコウ)という手に塗るお香は戒めを守る清らかな〈持戒〉、お花は雨風に耐える〈忍耐〉、お線香は淡々と自分を燃やし尽くす〈精進〉、飲食物は心身を調えて行う〈禅定〉、お灯明は自己中心でなくすべてを遍く照らす〈智慧〉、それぞれの実践をお誓いする心で捧げましょう。
 この六つの心をつくる修行は菩薩(ボサツ)になるための道であり、ご本尊様やご先祖様へのご供養は、自分自身が一歩一歩と菩薩に近づく道を歩む過程でもあります。
 それは、相手のためを思って実践する清らかな行いの功徳は、決して相手のためになるだけでなく、あたかも鏡が照らし合うように、自分をも人間として向上させることを意味します。
 人間であれ、ペットであれ、どなたでも先に逝った方は、自分の死をもって、私たちへご供養するという尊い機会をお与えくださったのです。
 どのように生きようと、最後の最後にはこの機会をつくるところに、生きとし生けるものの尊厳があります。

 また、経典によれば、み仏への供養は、自分が大きな福徳を得られるだけでなく、生きとし生けるものへ安楽を与えます。
 仏法への供養は、深い智慧を得られます。
 み仏と仏法を守る者への供養は、福徳を得る材料を増やします。
 こうした仏法僧への供養によって自他共に安心を得、悟りへ向かって進めます。
 
 お墓やお位牌の開眼供養、あるいは人形や御守などのお焚きあげ供養も同じく、私たちが自分中心の日常生活から離れ、生まれ持った仏心を輝かせる貴重でかけがえのない機会です。
 大切にしましょう。 
 過去にはいろいろあったお父様でしょうが、御霊となれば、ひとしくみ仏の世界へと溶け込んで行く尊いご先祖様です。
 どのようにしたらよいか、どうぞ、ご自身の胸に問い、悔いのない対応をしてください」

 Aさんはこう言って当山を後にされました。
「思えば、帰って来てくれたんですよね。
 私が父の〈帰る先〉になったのはどういうことか、お線香を点けたりしながらよく考えてみます。
 ありがとうございました」

(当山はご縁の方々のプラバシーを守りつつ、広く皆さんに仏法をお考えいただくため、人物を特定できないようあくまでもフィクションとして表現しています)
  
 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

平成28年12月の行事予定 ─護摩・書道・寺子屋・お焚きあげ─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 行事・お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ