コラム

 公開日: 2015-06-26 

なぜ、国会議員の信頼度は25パーセントしかないか? ―民度と選挙制度―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈国の内外から〝プロ〟と認められた故後藤田正晴氏は何を語り遺したか〉

1 国会議員の信頼度は25パーセント

 6月25日付の朝日新聞は「座標軸」において、国会議員への信頼度に関するデータに言及した。
 大阪商業大学JGSS研究センターが平成24年に行った調査結果である。

「国会議員を『とても』あるいは『少しは』信頼している人は25%弱、他方、学者・研究者は約65%――。」

「ほかの社会制度の信頼度も調べていて、学者のほか自衛隊や裁判所、警察なども高い。
 70%を超える。
 あまり変動しない。
 海外での同種の調査でも似た傾向が見られる。
 国会や政党はしばしば信頼度が最も低い部類に入る。
 人々は自分が選んだ政治家より直接選んでいない専門家をもっと信頼しているようだ。
 党派性に染まっていない人たちの方が公正な判断や行動ができると思うからではないだろうか。」

2 最初からプロの国会議員はいない

 論説主幹大野博人氏は「党派性に染まっていない人たちの方が公正な判断や行動ができる」と指摘しておられるが、国会議員が信頼されない理由はもう一つあるのではないか。
 それは、大変失礼ながら、〈最初からプロである人は一人もいない〉ことである。
 専門家、つまりプロとして認められる人々は、必ず、並はずれた研鑽を重ね、専門分野における知見、技術などに圧倒的な力量を示し、社会がその力量を一定以上のレベルであると認定されねばならない。
 建築家、法律家、歴史家 作家、評論家、漫画家、武道家、登山家、料理家、宗教家、どれをとっても、「~家」と呼ばれる専門家は上記の条件に当てはまる。
 医師、教師、仏師、などもそうであり、弁護士、公認会計士、力士なども同様の条件を満たしてこそ、プロである。
 しかし、政治家だけは違う。

 もちろん、そうなるには理由がある。
 一般国民が一般国民から代表者を選ぶというシステムそのものが、最初から〈プロ〉というものを想定していない。
 だから、政治家に対する「25%」という信頼度は、選ばれる方だけでなく、選ぶ立場の人々自身への信頼度でもあるのだろう。

 こう考えると、私たちの社会が〈信頼に足る〉政治家によって運営されたいと望むならば、まず、私たち自身が政治へ関心を持ち、それぞれなりの立場でよく考え、意思表明の機会である選挙という大切な機会をしっかり生かさねばならない。
 もしも、〈選挙した自分〉を50%信頼できるようになれば、政治家への信頼度も50パーセントに上がるのではなかろうか。

3 小選挙区制では〈人物〉を選べない

 国会議員の信頼度を上げるために欠かせないもう一つの方法は、政党が同一選挙区で一人しか候補者を擁立しないという小選挙区制の撤廃である。
 私たちが国会議員を選ぶ際の大きなポイントは二つ、人格と識見である。
 ところが、政策を選ぶたてまえの小選挙区制では、政党の都合で選ばれたたった一人しか、政策を担えない。
 候補者の人となりをよく知っている地元有権者の中に、「ああいう人では困る」と考えている人が一定程度いても、政党の調査によって当選の確率が認められれば唯一の候補者となり、政策というカンバンだけで当選してしまう。
 同じ政策の実現にかける複数の候補者の中から選ぶシステムになっていればこそ、有権者は、その中の誰が、人格的にふさわしいか、識見的にふさわしいかの選択ができる。
 小選挙区制にあっては、選ばれる議員を最初から国会の議決における〈一票〉とのみ、見なすかのようであり、事実上、〈人間〉としては選ばれていないに等しい。
 こうした選挙制度では、政治が政治家と政党の都合によって進められかねず、広く人間のために行われるはずの政治から人間性が失われることになりかねない。

 ルールというものは恐ろしい。
 ルールが決まれば、結果が決まるに限りなく等しいからである。
 香港で激しい民主化の行動が起きているのは、次期行政長官選挙という圧倒的権力者を選ぶルールが、中国共産党の意志を必ず反映する結果を予測させるからである。
 日本の国会で選挙制度や一票の格差といった問題がなかなか根本的な解決へ向かわないのは、中国共産党同様、今現在、権力を握っている人々の思惑があるからだろう。
 実態をよく見すえたい。

 国会議員への信頼度調査は大きく報道され、私たちが自分自身を振り返り、自分たちで作った制度を振り返るきっかけになることが望ましいと思う。
(托鉢からこの道へ入った小生自身、未熟なままで袈裟衣を着け、み仏のお力へおすがりし、生かしていただきました。
 ご縁の方々へ対する罪滅ぼし、ご恩返しの意識は薄れません。
 本当のプロを目ざし、ますます精進するつもりです。
 やむにやまれず、忸怩たる思いを胸に拙文を書きました。合掌)

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ