コラム

 公開日: 2015-06-27 

生き仏に学ぶ ―『現代の偉人伝 第2巻 ―平成23・24・25年版―』の発行―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 お大師様は説かれた。

「決して変化しない性質を持ったものはない。
 人もまた、悪者や愚者と定まった人はおらず、縁の次第によっては愚か者も悟りへの道を深く求め、教えに従えば凡人も賢者・聖人の域へ近づけるであろう」

 原文の読み下し文である。

「物に定まれる性(ショウ)なし、人なんぞ常に悪からん。
 縁に遭うときは、すなわち庸愚(ヨウグ)も大道を庶(コ)い幾(ネガ)い、教に順ずるときは、すなわち凡夫も賢聖に斉(ヒト)しからんと思う」

 私たちには、ものごとを固定的に見て決めつけ、安心しようとする心理がある。
「Aさんは善い人だ」
「Bさんはバカだ」
「Cさんは私を好きだ」
「Dさんは私を嫌っている」
 決めつければ、あとは楽である。
 Aさんと会えば〈善い(はずの)人〉として相談し、約束ごとができる。
 Bさんと会えば〈バカな(はずの)人〉なので当てにせず、適当にしておけばよい。
 Cさんへは何でも話し、Dさんとはなるべく会わないようにする。

 こうして日常生活を過ごすが、時として、こんなはずではなかった!という実態が明らかになり、混乱し、窮地に陥ったりもする。
 ――善い人だとばかり思っていたのに、陰でとんでもないことをたくらんでいた。
 ――自分を認めてくれていたはずなのに、裏で悪口を言い、足を引っぱっていた。
 反対に、バカだとばかり思っていた人が人知れずボランティア活動に専心していたり、自分を嫌っているはずの人が困った時に真っ先に駆けつけてくれ、感激することなどもある。
 瞬間瞬間に変化し続ける自分の心の全体すらなかなかつかめない私たちは、他人の人間像全体など、簡単にわかるはずがない。
 そして、自分という意識は不動でも、心のありようは変化してやまず、誰かを好きになって成功を祈る一方、誰かを嫌いになり失敗を願う。

 こういう事実は何を教えているか?
「私たちは、〈今までの自分でない者〉になり得る」
 これではなかろうか?

 ならば、まず、「こうありたい」「こうでありたくない」と生き方のイメージを定めたい。
 ヒーローやヒロインの像を心に保ちたいし、反面教師も大切だ。
 本当の英雄たる人々は皆、生き仏であり、菩薩(ボサツ)である。
 これがお大師様の説かれた「縁に遭う」そして「教に順ずる」ことであり、「賢者・聖人の域へ」少しでも近づく道ではなかろうか。

 今回、当ブログに連載している「現代の偉人伝」から、東日本大震災のあった平成23年、そして24年、25年の分をまとめて加筆修正し、一冊の本にまとめた。
 小生自身も偉人たちの生きざまを忘れぬようおりおりに繙(ヒモト)き、自分自身を戒め、活を入れると共に、偉人たちを話題にし続けたい。

 電話(022-346ー2106 AM9:00~PM5:00)やファクス(022-346-2107)、あるいはメール(ryuuchi@hourakuji.net)でお申し込みいただければお送りします。
(恐縮ながら、当山で印刷・製本しましたので500円の実費と、送料100円をお願いします)

 今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ