コラム

 公開日: 2015-07-13 

真智の開発をめざして(その19) ─欣ちゃんと勝義心(ショウギシン)─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 五智如来のお智慧の内容を、私たちにわかりやすく説かれたのが「優しさ・厳しさ・正しさ・優雅さ・尊さ」という教えです。
 私たちの心にある仏心がきちんとはたらけば、み仏の光が発し、妄知(モウチ…おかげさまと心の底から思えない惑った心)も邪知(ジャチ…万事を我がためとするよこしまな心)も消え失せます。
 さて、今回は「尊さ」について考えてみましょう。

4 勝義心(ショウギシン)を持つ

 私たちが本来、持っている尊い心の一面に勝義心(ショウギシン)があります。
 より、勝れたものを求めてやまない無限の向上心です。
 向上心を失った時、〈努力〉は単なる繰り返しや人生の消費に過ぎなくなります。
 向上心があってこそ、努力は精進(ショウジン)として輝きます。

 7月11日、朝日新聞はコメディアン萩本欽一氏のインタビュー記事「遠回りしようよ」を掲載しました。

 氏は、若者にこう言いたい。

「とにかくみんな、前へ前へと進みたがることも気になるね。
 モデルになる誰かを見つけて、すぐにマネしようとする。
 でもね、人生はそんなに簡単に前には進まないよ。
 偉人の伝記を読めばわかるでしょ。
 最初は失敗だらけなんだから。
 だから僕はいつも言うの。
 まず一歩下がって、世界を広く見ろ。
 もっと遠回りしろ、人と違う冒険を始めろって」

 手っ取り早い成功を求め、いわゆるノウハウやマニュアルを血眼で探し廻るのは危うい。
 そうしたものを提供して商売する人々を儲けさせるだけになりかねない。
 自分だけがうまく前へ進むことができる何かを与えてくれる人などいない。
 まず、世間をよく眺め、自分が、自分の考えと意志で思い切ってやってみた結果、身に応える失敗をして自分の甘さに気づくこと。
 ノウハウ探しよりも、そうした体験こそが結果的に成功へ導くと言う。

「人生は出会いだって、よく言うけど、ちょっと違うね。
 出会いっていうのは、人にただ会うことじゃないんだ。
 苦労をして、マイナスの経験をいくつも積んで初めて、会うべき人に出会える。
 なぜ自分がダメだったのか、生きていくうえで何が足りなかったのか。
 本当の出会いなら、その答えが見えてくるもんだよ」

 苦労の中から本当の問いが生まれる。
 そして、呻吟しているうちに、自分で答を見つけるきっかけとなるような出会いが生まれる。
 当山が、運勢に関する人生相談で、「厄年を怖れず、運気に応じた智慧をはたらかせてまっとうに生きていれば、かけがえのない出会いがあり、チャンスが来たりもします」とお話しするのには、こうした理も関係している。

「8割は運だね。
 そいつは正面からは来ない。
 思ってもみないところからやってくるから、なかなかつかまえられないのよ。
 後ろから肩をトントンやる奴がいて、うるせえなこの野郎って、振り向いたら何だ、ここにいたのか、というのが運なんだよ。
 坂上二郎さんとの出会いがそうだった」

 成功するには才能よりも運だと言う。
 ただし、「正面からは来ない」運をうまくつかめるかどうかは、本人次第である。
 テレビで大失敗した氏へ電話をかけてきた故坂上二郎氏は、それまで「ライバル」で「苦手」な人だったが、一瞬でゴールデンコンビが誕生した。
 苦しんでいたからこそ、すなおに運をつかめたのではなかろうか。

「遠回りすれば、人間いろいろ考える。
 いろんな出来事にぶつかる。もちろん、いいことばかりとは限らないよ。
 でも、とてつもなくいいものにぶつかることが、あるんだよ。
 その出会いにこそ物語が生まれる。
 それが大事なのよ。そういう物語に、人は心を動かされるんだから」

 うまくやろう、近道をしよう、と鵜の目鷹の目になっていれば、「いろいろ考え」たりはせず、一喜一憂の繰り返しになりかねない。
 遠回りでも、自分で考え、苦しみつつ、自分の足で歩んでいるからこそ、自分の足で歩いている人との出会いがあり、物語が紡ぎ始められる。
 その物語に人生の真実を認めた時、「人は心を動かされる」。

「もちろん。生まれ変わってもコメディアンだよ。
 ただ、またダメなコメディアンから出発したいね。
 ダメな若い奴が上を目指してもがく姿に、支えてやろうって気持ちが生まれたんだと思うから」

 74才となった第一人者が「またダメなコメディアンから出発したい」と語ったことは衝撃的だった。
 そして、この世でやり残した修行の続きを来世でやろうと考えていた小生は、再考を余儀なくさせられた。
 修行へと向かわせる発心(ホッシン)の重要性が突きつけられた思いである。

 すっかり、「遠回り」しましたが、萩本欽一氏の話には、無限の向上心についての重要な示唆があります。
 向上とは単純な直線道路を行くようなものではないことが、深々と示されているのではないでしょうか。
 庶民と涙も喜びも共有しつつ、現場で汗を流し続けてきた人の生きざまにこそ「尊さ」は輝いています。
 萩本欽一様、ありがとうございました。合掌

 今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ