コラム

 公開日: 2015-07-31 

思想家わたなべ拓(ヒロシ)師のこと

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





〈沖縄の洞窟で掘り出した弾丸〉

 当山では昨年の12月13日、平成26年最後の寺子屋『法楽舘』にて、わたなべ拓(ヒロシ)師のご講話をいただきました。
 師は、ホームページの冒頭に柳田國男の文章を掲げています、

「国家は現在生活している国民だけで構成されるものとは言えない。
 亡くなった我々の祖先もいまなお国民なのだ。
 だから、祖先の希望も考慮に入れなければならない。
 また、国家は永遠のものなのだから、将来生まれてくるであろう我々の子孫も国民である。
 ゆえに子孫の利益も保護してやらなければならない。」
(わたなべ拓現代語訳)『農業政策学』明治35(1902)年、柳田國男

 今ここに肉体がある自分の思うがままにやろうとするのではなく、過去から未来への通過点に立つ私たちへいのちと心をバトンタッチしてくださった祖霊の思いを忖度しながら、子々孫々のため、この時代に生を承けた自分がなすべきことを行うという思想です。
 祖霊、国家、国土への感謝、報恩が土台にあればこそ、個人も国家社会も、まっとうな方向を目指せるというのです。

 師は、林子平(ハヤシシヘイ)、横尾東作(ヨコオトウサク)、岩崎卓爾(イワサキタクジ)の三人について、感涙を落としつつ熱弁をふるわれました。
 先人のいのちを懸けた工夫と精進があったればこそ、今の日本国があり、日本文化があり、私たちの暮らしというスタイルが保持、形成されています。
 師は指摘します。

「歴史の積み重ねがあって今があります。
 私達の郷土が輩出した偉人が、当時どの様な思いで生きてこられたのか。
 今を生きる私達に何を託したかったのか。
 史実に基づいてそれらを理解し、偉人の遺志を正しく受け取る努力をしたいと思っています。」

 そして、「どの様な思いで生きてこられたのか」だけでなく、「どの様な思いで亡くなられたのか」をもまた真摯に探求し、沖縄県やパラオ諸島において戦没者の慰霊・遺骨収容活動をボランティアの形で9年間も続けてきました。
 小生もまた、昨年の2月20日から21日にかけて、師の導きのもと、沖縄へでかけ、慰霊の修法とご遺骨の収容を行いました。
 カンテラにヘルメットという出で立ちの師を先頭に、すぐ崩れ落ちてもおかしくない洞窟を奧へ奧へと進みました。
 人々が日常生活を送っている場所の間近にあるあの洞窟はもう、入られないかも知れません。
 それ以来、当山では、持ち帰った一発の弾丸を前に、不戦の誓いと祈りを続けています。

 祖霊から受け継いだ日本国を確かな形で子孫へ引き継ぐため、インテリジェンス(情報、諜報)のプロとして文字どおりすべてをかけている思想家であり活動家である師のご活躍を祈っています。
 
「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ