コラム

 公開日: 2015-08-07 

お墓参りに行けないお盆にはどうすればよいか? ―施餓鬼のことなど―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。





 今年は「お盆にお墓参りに行けない場合、どうすればよいか?」というご質問が、頻繁に寄せられています。
 例年にない猛暑が皆さんの行動パターンを変えているのかも知れません。

 最もお勧めなのは、事前にお塔婆供養を申し込み、お盆前に受け取ってお墓へ立ててご供養し、お盆の時期には自宅の盆棚へ御霊をお迎えするというものです。
 当山では、早くも先週末あたりから善男善女がこうしたお盆供養を始めておられます。

 もう一つは、早めにご来山されてお盆供養会を行い、帰りにお塔婆をお墓へ立てるという年忌供養などと同じやり方です。
 これなら、お盆期間中に家を留守にしても大丈夫です。

 あるいは、まだお骨が自宅にあり、どうしてもお盆期間内にご来山できない場合は、当山で魂入れをしたお塔婆をお送りすることもできます。
 送られたお塔婆をお骨のそばへ立てれば、最高のご供物を供えたことになります。
 お塔婆の表面には梵字(梵字…インドの文字)で、「地・水・火・風・空」と書かれ、裏面には同じく「識」と書かれており、目に見える世界と見えない世界との徳をすべて込める法が結ばれているからです。

 この際、お墓参りや仏壇前でのご供養において大切なことを一つ書いておきます。
 それは「万霊供養」の心です。
 
 お盆の供養会では、それぞれのお宅における先亡の御霊を供養するだけでなく、施餓鬼(セガキ…餓鬼界の方々へ施すこと)供養も行うところに他の供養会とは異なる特色があります。
 以下の故事がその出発点です。
 
 ある日、お釈迦様の弟子である目蓮尊者(モクレンソンジャ)が、神通力で亡き母親の様子を観たところ、生前、子供を思う一心でつい犯してしまった小さな罪のために、餓鬼界で苦しんでいました。
 驚いた尊者は早速、お釈迦様に相談しました。
 お釈迦様は答えました。
「夏安居(ゲアンゴ…夏の修行)の最終日である七月十五日(旧暦)に、できるかぎり多くの僧侶にお経をあげてもらいなさい。
 そして、心から供養をすれば、必ず救われることでしょう」
 尊者はさっそく実行し、母親は、無事、天上界(テンジョウカイ)に生まれ変わりました。

 この故事にまず、思うのは、母親が餓鬼界にいることを知った尊者の驚きと悲しみです。
 しかも母親の苦しみを消す力が自分にはないことを自覚している……。
 お釈迦様へ相談する時の尊者の心は、私たちが大病に罹った親のために名医を訪ねる心境に似ていたのではないでしょうか?
 藁にも縋る思いです。
 もちろん、お釈迦様は偉大な聖者なので「きっと何とかしてくださる」と思ったかも知れませんが、案の定、「それじゃ私が助けてあげよう」といった単純な成り行きでは済みませんでした。

 僧侶たちが揃って供養するという点も見逃せません。
 因果応報の理によって生じている事態を動かすための新たな〈因〉は、並大抵のものでは追いつかず、祈りの力を結集しなさいということだったのでしょう。
 また、修行を終えた弟子たちに、慈悲心と法力の実践を命ずるという面もあったのでしょう。

 そして最後に付け加えておかねばならないのは、尊者も、他の行者たちも、決して尊者の親一人のためにのみ修法したのではないに違いないということです。
 神通力で観えたであろう餓鬼界の悲惨さや無惨さは到底、想像できません。
 その〈世界〉を目にした尊者も行者たちも、尊者の母親一人〈だけ〉を救おうとしたはずがありましょうか。
 取捨選択して誰かを見捨てるという姿勢ほど、非仏教的なものはありません。
 万人へ平等に救済の目を向けるからこそ仏陀(ブッダ…悟った者)であり、そこを目ざす行者たちもまた、仲間の母親とその他の餓鬼たちを差別するはずはないのです。
 お釈迦様に指導された行者たちはすべて、餓鬼界全体へ救済の真言を届けたに違いありません。
 それから約2500年が過ぎた今も、行者によって餓鬼界の方々へ同じ真言が手向けられています。
「のうまく さらばたたぎゃた ばろきてい おん さんばら さんばら うん」

 こうした施餓鬼供養を伴うお盆には、自分の家にまつわる御霊だけでなく、万霊をご供養する気持で手を合わせたいものです。
 特に、餓鬼のように〈飲めない、食べられない〉存在を想像する時、現実に餓えている人々や、病気に苦しむ人々への思いやりの心もはたらくことでしょう。
 お盆供養をないがしろにせず、御霊と通じることによって霊性を具えた人間であると自覚する貴重な時期を過ごしましょう。
 
 今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

「みやぎシルバーネット」20周年おめでとうございます ─無私の編集長につながる方々─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ