コラム

 公開日: 2015-08-10 

オタマジャクシと百合の歌 ―宿命・戦争―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




  昭和26年、39才の宮柊二(ミヤシュウジ)は詠んだ。

「群がれる蝌蚪の卵に春日さす生まれたければ生まれてみよ」(宮柊二)

 蝌蚪(カト)は、オタマジャクシである。
 大正の幕開けと共に本屋の長男として生まれた宮柊二は、中学時代に早くも歌誌への投稿を始め、上京して新聞配達をしながら北原白秋などに学び、兵役を体験する。
 敗戦の翌年、処女歌集を発表し、活躍した。

 冒頭の光景は敗戦から6年目である。
 ゴチャッと水中にあるオタマジャクシの卵たちへ春の陽光が当たっている。
 じっと観ている宮柊二は、きらめく水面の下でいかにも孵化を待っていそうな者たちへ「生まれたいのかい?」と呼びかけた。
 しかし、一瞬後には生と死をつぶさに観て来た視点から次の呟きが出る。
「もし、生まれたければだが……」
 ここでは、自分自身の生が一瞬にしてふり返られている。
 この世へ生まれ出たことは祝福に値するのか、それとも……。

 逡巡の後に、きっぱりと言う。
「生まれたければ生まれてみよ」
 意志を問うてはいるが、、私たちが普段、考えている自由意志の次元ではなかろう。
 形は「もしも君自身が生まれたいと願うならば」となっているものの、実際にはオタマジャクシに選択する力などない。
 生まれ出る宿命を持った者として、ただ、条件が揃う時期を待っているだけである。
 他の生きものに喰われなければ、水が干上がらなければ、カエルとなって生まれ出るだろうし、そうならないかも知れない。
 それでもなお「生まれたければ」と言わねばならなかったところに、宮柊二の思いが隠されている。
「いずれであろうと、お前さん自身の問題なんだからね」
 否応なくこの世へ生まれ、生まれ出た者としての宿命を生きるという地点からは、やがて現れるカエルも宮柊二も何ら変わりはない。
 思うがままに過ごして祝福される生となろうが、酷薄な世間にもまれ呪詛を抱えつつ死へ向かう生となろうが、〈生まれ、死ぬ〉という宿命の前では平等である。
 だから、一抹の厳しさは含みながらも、力強さと慈しみのある呼びかけとなった。
「生まれてみよ」
 
 それにしても、ここには哀しみも確かにある。
 やがて、72才になった宮柊二は詠む。

「中国に兵なりし日の五カ年をしみじみと思う戦争は悪だ」

 死ぬ2年前だった。
 人生の締め括りだったのではないか。

 悪の暗黒は沖縄でも詠まれた。

「ふるさとのなべての百合よ心あらば今年ばかりはすみぞめにさけ」(千原繁子)

 敗戦の翌年、真和志村(現在は那覇市内)の人々が「ひめゆりの塔」を建てたおりに捧げられた一首である。
 百合のように清純で、希望も夢も未来も持っていた乙女たちが、すべてを奪い尽くされた者として祀られる。
 塔には百合の名が付されても、彼女らにとっての百合はもはや冥界のものでしかない。
 合掌するこの世の者たちにとっても失われた百合しかない。
 死者にあるのも生者にあるのも「墨染め」の百合である。
 清らかに芳しくこの世の故郷に咲く百合は真実の裏返し!心あるなら真実を顕わにせよ!墨染めに咲け、故郷の百合たちよ!

 私たちは、生まれた以上、死ぬ宿命を背負っている。
 つかの間の生をどう生きるか。
 それが自分自身にかかっているのはオタマジャクシも人間も同じ。
 せめて、戦争はせずに死んで行きたいものである。

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ