コラム

 公開日: 2015-10-13 

阿弥陀如来はどうお救いくださるか? ―ダラニの功徳―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 滅罪や追善供養などの法要で『理趣経(リシュキョウ)』と共に、よく用いられるのが「阿弥陀如来根本陀羅尼(ダラニ)」です。

 真言宗の寺院でご本尊様として祀られているみ仏は、多い順に、以下のとおりです。

1 大日如来
2 不動明王
3 観音菩薩
4 阿弥陀如来
5 地蔵菩薩

 このように、西方浄土の教主である阿弥陀如来は、大乗仏教の主尊としてあちこちで祀られています。
 法蔵比丘(ホウゾウビク)という行者が気の遠くなるような長期間、修行を続け、願いが成就した結果として仏陀(ブッダ)となり、極楽浄土を定めたとされ、マンダラでも西の方位に描かれます。
 浄土宗や浄土真宗などでは統一したご本尊様になっています。
 2~3世紀頃には発生した信仰で、人気のあるみ仏の例に漏れず、いくつかの呼び名を持っています。
 無限の光を持つがゆえに「無量光如来」、無限の寿命を持つがゆえに「無量寿(ムリョウジュ)如来」、あるいは無限の安寧をもたらすがゆえに「甘露王(カンロオウ)如来」とも称します。
 真言宗においては、「大日如来はすなわち弥陀、極楽の教主なり」「毘盧(ビル…ビルシャナ如来=大日如来)、弥陀は同体の異名なり」などと説かれ、救い主としてのはたらきに期待されています。

 このダラニは「アミリタ」という言葉を10返、繰り返すので「十甘露呪(カンロシュ)」という異名もあります。
 インドの言葉であるアミリタは「ア…無」プラス「ミリタ…死ぬ」であり、不死をもたらす霊尊は、この上ない安心を与えるので、甘露のみ仏とされました。
 ちなみに、阿弥陀の場合は「ア…無」プラス「ミダ…計られる」であり、計り知れないほどの功徳があるとされ、大日如来にも等しいとされたのです。

 さて、「三宝に帰依(キエ)します」から始まるこのダラニは、最後にとても重要な文言で終わります。
 一つは「キャラマ」、これは業(ゴウ)であり、行為が持つ影響力です。
 悪しき業は必ずいつか、悪しき結果をもたらします。
 他人を傷つけた人はその報いを自分で引き受けねばなりません。
 もう一つは「キレイシャ」、これは煩悩(ボンノウ)であり、私たちを迷わせ、苦しめる根本原因です。
 阿弥陀如来はこれらを滅してくださるのです。
 それは、今現在、抱えている過去の悪業が悪しき未来をもたらさないことであり、悪業を積む原因がなくなれば、これから先も安心であることを意味します。

 また、このダラニは、太陽や雷鳴など、宇宙の動きに呼応するみ仏のお姿を述べており、私たちが一方的におすがりするだけでなく、宇宙にも比すべきみ仏の徳とおはたらきを讃える讃歌のようなすばらしい呼びかけになっています。
 不空(フクウ)が記した「無量寿儀軌(ムリョウジュギキ)」はその功徳を以下のように説きます。

1 十善戒に反した十悪行の罪を滅する。
2 教団から追放される四重禁戒に反した罪を滅する。
  ・殺人戒…殺したり、殺させたりする
  ・盗戒…与えられていないものを自分のものとする
  ・婬戒…性交渉を持つ
  ・大妄語戒…悟りを開いてもいないのに悟ったと言う
3 はてしない無間(ムケン)地獄に堕ちる五無間戒に反した罪を滅する。
  ・母を殺す
  ・父を殺す
  ・聖者(アラカン)を殺す
  ・仏身を傷つけ出血させる
  ・教団の和合を乱し分裂させる

 もし、一万遍唱えれば、悟りを求める心と、深く静まった安心の境地が揺るがぬものとなります。
 そしてこうなります。
「この身このままで、満月のような菩提心(ボダイシン)が皎々と心中に照り渡る。
 臨終の時には、阿弥陀如来がたくさんの仏菩薩と共に行者のそばへ来て、心身を安楽にさせ、やがては極楽浄土で菩薩の位に昇る。」
 Aさんが最期に「住職さん、こんな私ですがどうか極楽へお導きください」と握った手に力をこめられたおりの感触は忘れられません。

 もし、皆さんがご葬儀のおりに、何度も何度も「アミリタ」という言葉が出てくるやや長いダラニを耳にされた際は、阿弥陀如来根本陀羅尼である確率が高いと思われます。
 私たちは、それと意識しなくても、とっさに嘘をついたり、つまらぬことでカッカしたり、戒めを守り、誰かを傷つけているものです。
 せっかく尊い陀羅尼を耳にする機会を得たなら、真剣に聴くのは大切な姿勢であり、少なからぬ功徳を得られることでしょう。
 あの世の御霊と共に、この世にいる私たちも阿弥陀如来のご加護にあずかりましょう。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ