コラム

 公開日: 2015-10-19 

安心な死へと導くポワとは何か? ―「チベットの生と死の書」に学ぶ(その1)―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈絶好の秋晴れとなった日、講堂を埋め尽くした善男善女が、境内地で作った芋煮を堪能しました〉


〈手作りのおにぎりなどもふるまわれ、誰もが浮き世の憂さを忘れたひとときでした〉


〈地球の資源を守ろうという呼びかけもありました〉


〈『法楽米』などが当たる抽選会もあり、盛り上がりました〉

 チベット密教の聖者ソギャル・リンポチェは若い頃、師ギャムヤン・キェンツェに導かれ、テント数30ほどの小さな集団で、巡礼の旅を行った。
 そのおり、60才を超えた老修行者ラマ・ツェテンが急病に罹った。
 死がさし迫り、看護していた弟子は、ギャムヤン・キェンツェを連れてこようとした。
 しかし、ラマ・ツェテンはこう言って止めた。
「彼をわずらわせるんじゃない。
 その必要はない。
 師とともにあって、距離などというものがあるか」
 そして微笑み、「しばし、空を見つめ、息を引き取った」。
 やがてギャムヤン・キェンツェが到着し、死者の「顔を見つめ、瞳をのぞきこみ、くすくすと笑いはじめ」、「そこにいるんじゃない!」と呼びかけた。
「その行を行っていると微妙な障害が起こってくることがある。
 さあ、わたしが導いてあげよう」
 呼ばれたラマ・ツェテンは「息を吹き返し」、それを目の当たりにしたソギャル・リンポチェは「呆然と立ちつくした」という。

「師はラマ・ツェテンのかたわらに腰をおろし、彼を〈ポワ〉へと導いた。
 ポワとは死の直前にある意識を転移させる行のことである。
 この行にはさまざまな方法があるが、そのとき師がもちいたのは『アー』という音を三度唱えながら、師とともに意識の高みに昇りつめてゆく方法だった。
 師がはじめの『アー』を唱えると、ラマ・ツェテンがそれに和する声がはっきりと聞こえた。
 二度目、彼の声は遠くなり、三度目には声は返ってこなかった。
 こうしてラマ・ツェテンは逝った」

 ソギャル・リンポチェはこの体験を振り返り、「精神の勝利」と考えている。
 小生も一度、忘れがたい体験をした。
 親の臨終に間に合わなかったお子さんが駆けつけたばかりの枕経において、〈通じる法〉を結んだ瞬間、死者がフーッと長い息をつき、その場に安堵の空気が広がったのだ。
 以来、小生はますますその修法に意識を集中している。
 引導を渡す葬儀では、もちろん、死者の気配をつかんでから法力を動かす。
 また、「アー」と唱える阿息観(アソクカン)は、阿字(アジ)に象徴される根本仏大日如来の世界へ融け入る修行であり、当山でも行われている。
 正統なポワの伝統はしっかりと受け継がれている。
 死に行く生きものたちの中で人間のみに許された「精神の勝利」は確かである。

 ソギャル・リンポチェは長じてデリー大学とケンブリッジ大学で比較宗教学を学び、ダライ・ラマ法王からこう評される「チベットの生と死の書」を著した。

「いかにして人生の真の意味を理解し、死を受容するか、死にゆく者や死者に救いの手をさしのべるか、に焦点をあわせた、まことに時宜を得た書物である」

 あまりにも大きく深い示唆に富んだ本書を、おりおりに読み進めて行きたい。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ