コラム

 公開日: 2015-10-23 

映画『先生と迷い猫』について ―生活相談会と寺子屋のお知らせ―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 職員さんたちから、たまにはゆっくりしてくださいと諭され、映画『先生と迷い猫』を観た。
 妻を亡くした校長先生は、原書を読みながら悠々の独り暮らしをしている。
 しかし、困ったことが一つある。
 三毛猫がいつの間にか仏壇の前に座っていて、それを見るたびに、猫好きだった妻の死が思い出されてしまうのだ。
 ある日、元来、猫に無関心で妻の猫好きを理解していなかった先生は、妻が作っていたくぐり戸も、猫が手で開ける窓も塞ぎ、外でニャアニャアと鳴きやまない猫をシャットアウトした。
 それ以来、「ミイ」「ソラ」「タマ子」、いろいろな名前でご近所さんから呼ばれ、可愛がられていた三毛猫は町から姿を消した。

 猫がいなくなって途惑う人びとの姿に、ようやく猫と人びととのつながりがかけがえのないものであると知った先生はハッとする。
 ――自分にとってもあの猫は、かけがえのない何かなのだ。
 それから、人びとと共にポスターをあちこちへ貼り出し、猫の集会所を見回るなど懸命の猫探しを始めるが、見つからない。

 くたびれ果てて家に帰った先生の前に、猫を抱いて微笑む亡き妻の幻が現れる。
 先生は不思議な光の中でうなだれる。

 一連の過程で、いつも肩を怒らし、反っくり返るような姿勢でいた先生は、工員から勝手な姿勢を叱られるという体験をする。
 ポスターを貼らせてもらえるよう、頼み込むという体験をする。
 夜に出歩いていた少年を送り届けた孤児院の修道女のおじぎに、より深くお辞儀するという体験をする。
 小さな町では、校長先生だった人はいつまでも「校長先生」で通り、誰しもが一目置いているような態度をとるが、〈尊敬〉はすでに、ほとんど過去のものとなっている。
 先生だけは〈尊敬されている自分〉のイメージにしがみついたままでいたが、叱られ、頼み、感謝する中で、徐々にそれが薄れる。
 周囲の人びとと心を通わせ合う楽しさや、やりがいや、生き甲斐を見つける。
 理容室の女主人に言われる。
「先生、変わりましたねえ」

 また、先生は、猫探しによって精も根も尽き果てた状況で、妻が猫に寄せていた思いを知る。
 いのちあるものが〈居る〉ことは、自分といういのちある者にとって、決して見過ごしにはできない〈何ごとか〉なのだ。
 そこに気づいた人と気づかない人とでは、心持ちがまったく違う。

 先生は、うろつく少年へ諭す。
「生きている者は必ず死ぬんだよ」
 しかし、自分はいつまでも妻の死を納得できないでいた。
 亡き妻へしがみついていた。
 仏壇の前に現れる猫がしゃくに障ったのは、「死んだ妻を思い出させる」からではなく、妻の死を受け入れ、咀嚼(ソシャク)することができないでいる自分の中途半端な気持に気づかされるのが本当の理由だった。
 いなくなった猫を本気で探す過程は、死んだ妻を求めてやまない本当の心へ深く深く入り込む本気な過程でもあったのだ。
 こうして先生は、不在の猫に導かれ、妻の不在と心ゆくまで向き合った。

 先生は三つの真実を知った。
 一匹の野良猫も生きものであり、同じ生きものである人間たちと共に、かけがえのない生きもののいのちを生きていること。
 死んだ人は、その人の死をそのまま受け入れることによって、死んだ人としてかけがえのない蘇りを果たすこと。
 また、そうしてようやく、執着心という自分でつくるフィルターから離れ、死んだ人の気持や人生をありのままに理解できること。

 小生も、遅ればせながら知った。
 イッセー尾形は〈存在〉によって千変万化を語れる希有の役者さんである。
 この『先生と迷い猫』は映画史に残る傑作ではなかろうか。

 さて、来る11月5日(木)、午後3時より、『マイベストプロ宮城』様主催の「秋の生活相談会」を行います。
 後から気づくよりも、早く気づいた方がより豊かに生きられるかも知れないこうした視点などについて、皆さんと共に考え、質疑応答も行います。
 どうぞ、お気軽にお出かけください。
 要領は以下のとおりです。
・日 時:11月5日(木)午後3時~3時50分
・場 所;河北新報社一階ホール(仙台市青葉区五橋1―2―28)
・参加費:無料
・定 員:20名(申込順で締め切られます)
・申込み:022(715)9350
※閉会後、個別にご相談を受ける時間とスペースもあります。

 なお、当日会場へ入りきれなかった方々は、14日(土」の寺子屋「法楽館」へおでかけください。
 そちらでも、皆さんと共にいろいろ考えましょう。
 要領は以下のとおりです。
・日 時:11月14日(土)午後2時~3時30分
・場 所:日立システムズホール仙台(旧・旭ヶ丘青年文化センター)和室(イス席もあります)
・参加費:1000円 中学生以下500円(お菓子、飲物付)

 皆様のご多幸を祈っています。合掌

「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、この世の幸せとあの世の安心を祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ