コラム

 公開日: 2015-11-07 

【現代の偉人伝】第213話 ―空(クウ)となった師匠欣ちゃん―

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈欣ちゃんは74才で駒沢大学仏教学部に合格し、「認知症対策のつもりで勉強した。本当にうれしい。大学には一日も休まずに行く。野球部にも入りたい」と言った〉

 11月6日、隠形流(オンギョウリュウ)居合の道場から帰山し、久方ぶりに「ファミリーヒストリー」(NHK総合テレビ)を観た。
 昭和63年、52才で突然逝去したコメディアン東八郎のルーツを辿る番組である。
 欣ちゃんこと萩本欽一氏は、東八郎の弟子だった。
 東八郎は、わずか5才違いの欣ちゃんへ身体を張って芸を教えたという。
 欣ちゃんは、父親の急死にとまどう息子東貴博氏へ、父親と同じ道を歩みたいのなら亡くなった父親の前で誓えと励ます。
 誓った東貴博氏は46才になった今、父親が遺したお笑い養成所「笑塾(ショウジュク)」の再開を果たし、活躍中である。

 さて、番組の最後近く、「私の芸の八割は東八郎のものです」と公言している欣ちゃんは、テレビカメラを通して東貴博氏へ言葉をかける。

「私は東八郎から芸を教えてもらいました。
 私が貴博に教えたのは、東八郎からもらった私の芸です。
 だから貴博は私の弟子ではありません。
 東八郎の弟子です」

 絶句する東貴博氏は涙ぐみ、小生もしばし、アングリとなり、隣に座る妻へ語りかけるともなく呟いた。
「こんなことって言えるのかなあ」

 9年前、ブログ『現代の偉人伝』へ書いた「第22話 武士道を見せた萩本欽一氏」が思い出された。
 野球好きの欣ちゃんは、自前の球団『茨城ゴールデンゴールズ』を手塩に掛けて育てていた。
 ところがある日、遠征先で、若手メンバーの一人が未成年者と飲酒したあげく、婦女暴行事件を起こした。
 メンバーが所属していた吉本興業はただちに解雇を決めた。
 その発表とほぼ同時刻、移動中の欣ちゃんは羽田空港で取材に応じ、足を振るわせながら球団の解散を発表した。
 欣ちゃんは、自分が悪いと重ねて社会へ詫びた。
 山本圭一容疑者を一言も責めず、恨み言も発しない。
 この時点で「(弟子を)どうしてあげることもできないから。一緒に謝るしかない」とは信じられない言葉である。
「僕には責任がある。山本が反省して、どっかで仕事をやるまで責任がある」
「今は『ごめん』と『ありがとう』だけです」
 これでインタビューは締めくくられた。

 師へ迷惑をかけ、弟子に裏切られるなど、さんざん失敗をやらかしてきた小生には一生、忘れられないできごととなった。
 今回の言葉も、穏やかな横顔もきっと忘れないことだろう。
 コメディアンの第一人者が、全く〈この私〉というこだわりを離れている。
 懸命に弟子を育てただろうに、育ててやったという意識が全くない。
 恩と義理のやりとりに明け暮れ、自分の売り出し合戦に忙しいこの世間を、欣ちゃんはあまりに飄々(ヒョウヒョウ)と生きている。
 何としても偉人伝へ書き遺しておきたい。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ