コラム

 公開日: 2015-11-18 

フランスのテロ事件に思う ─真理の扱いについて─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。


 宗教が人間を駆り立て、科学がより有効に人殺しを行わせ、血が流されている。
 宗教も科学も、それによって人間がよりよく生きられると信じられてここまで来たのではなかったろうか?
 立ち止まってみたい。

1 ダライ・ラマ法王へ真理を説いた10才の子供

 平成16年、ダライ・ラマ法王は、インドのバンガロールにあるチベット難民キャンプの小学校を訪れた。
 10才くらいの子供たちが、模型などを展示して太陽や月の動き方について学んでおり、法王を見かけた一人の女の子が、堂々と説明した。
「私たちチベット人は、日食が起こる時、月が太陽を食べているのだ、と信じていましたが、それは本当ではありません。
 日食とはこうして起こるものなのです」(「ダライ・ラマの『中論』講義」より)
 法王は「本当に可愛らしく思いました」と述べている。

「ある事象が、本当にそうなのかどうかわからないことがありますね。
 そのような場合、何年か前に多くの人たちが同じことを実際に見て、数年後に再びそれが多くの人たちによって観察され、確かにそうだと確認されたなら、多くの人たちの体験と認識によって確認されたことを、事実として受け入れなければなりません」

 仏教の古い世界観は、夜の闇を〈須弥山(シュミセン)という巨大な山の影〉であると説く。
 しかし、科学は夜がどうやって発生するかを解明している。

「仏教のテキストに書かれていることでも、事実に基づいて否定されたなら、それを信じることはできません」

 お釈迦様は、聴いたことが信じられるかどうかは自分でよく考えてみなさい、と学び方を注意した。
 チベット仏教も明快に説く。

「論理と矛盾する見解を受け入れるなら
 将来正しい認識を持つ人にはなれない」

 仏教が他の世界宗教と大きく異なる点の一つはここにある。
 誰の言葉であれ(たとえ神の言葉とされていても)、客観的な視点で〈ものの道理〉に照らし、真偽を確認してから受け入れたい。
 そうして道標となる真理は、それを生きる万人の生へ真実という価値を与える。

2 科学の用い方

 ちなみに、理論物理学者の佐藤文隆京都大学名誉教授はこう言っている。

「時代にもまれ、惨劇や過ちを背負いつつ、それでも懸命に進んでいくのです。
 科学も科学者も」

「科学者という人種は、原爆のような悪魔の知への挑戦であっても、嬉々として熱中してそれを達成する。
 このときに作用したのと同じ能力と情熱が科学のフロントを拡大させている。
 両者に差はなく、どちらにも転化するのです」

「だから、科学はシビリアンコントロールすべきなのです。
 科学者が自由にやればいいというものではない」

「科学の営みには理念や倫理が必要です。
 しかし、科学者が理念の体現者ではない」

「われわれ人間の行為の是非をチェックしてくれる監督者は、われわれのほかには存在していないのだよ。
 われわれ自身で、けなげに、この事態にこたえていかなければならないのだと思う」(「科学にすがるな!」より)

 科学にも、宗教と同じような危険性がある。
 鵜呑みにされた宗教的真理が人を傷つけ殺す場合があるのに似て、裸の真理は諸刃の剣である。

3 小さな結論

 人間を導く宗教は、いつの時代も、説かれた真理が主体的に吟味されつつ信じられねばならない。
 科学者によって発見された真理は、用い方の正当性が常に吟味されねばならない。
 そうすれば宗教も科学も、それに依って人を殺すことなく、普遍的人倫から逸脱せずに発展するのではなかろうか。
 いかに〈今〉、目先の目的の達成を願おうと、選択する手段を選ぶ際に、心の隅に置いておきたい。
 
 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ