コラム

 公開日: 2015-11-19 

お経のわかりにくさと読み下し文の話 ─村上春樹の翻訳論について─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。



〈寺子屋『法楽館』にて〉

 「法会に参加しても、お経がさっぱりわかりません」という声にお応えして、当山では、例祭や年忌供養などの際に、皆さんが祈りの内容をイメージしやすいよう、読み下し文などを用いています。
 一方、胆となる法を結ぶあたりでは、インドの言葉である真言をそのまま用います。
 二種類を用いるのは、文学作品のオリジナルと翻訳の関係に似ています。

 作家村上春樹氏はオリジナルと翻訳について明快に述べています。

「オリジナル・テキストのアップデートは不要です。
 それは時代性を含んで成立しているものですから。
 言葉が古くなっても、表現が古くなっても、事情がかわっても、人の考え方が変わっても、それは不変のオリジナルとして、永遠の定点として存在します。
 それが芸術というものです。」(『村上さんのところ』)

 経典も同じです。
 真言は「永遠の定点」であり、中国で翻訳された漢文の経典は、日本人にとって〈準定点〉と言えるのではないでしょうか。
 だからこそ、お大師様は海を越えて唐の国へ渡り、サンスクリット語の原文を読みこなした上で、漢文に訳された経典と修法のお次第を持ち帰りました。
 たとえば般若心経について知りたいならば、お大師様が説かれた『般若心経秘鍵(ヒケン)』に関する書物か、宮坂宥洪師の『般若心経の新世界』が、原文をベースにして掘り下げた研究としてお勧めです。

「しかし翻訳は時代とともに更新されていく必要があります。
 なぜなら翻訳は芸術ではないからです。
 それは技術であり、芸術を運ぶためのヴィークル=乗り物です。
 乗り物はより効率的で、よりわかりやすく、より時代の要請に添ったものでなくてはなりません。
 たとえば古い言葉は更新されなくてはなりませんし、表現はより理解しやすいものに変更されなくてはなりません。
 それから、以前にはわかりにくかった様々な情報が、今ではわかるようになったということもあります。」

 氏は、フィッツジェラルドが書いた小説の翻訳として用いられた「フランス大旅行団」という言葉を例示します。
 目の前を通り過ぎて行く旅行団がイメージできなかった氏は原文にあたり、「ツール・ド・フランス」つまり自転車レースのことであると突きとめました。

「この翻訳がなされた当時の日本では、ツール・ド・フランスが何かを知る人はあまりいなかったのでしょう。」

「優れたオリジナル作品は古びませが、翻訳は古びます。
 どんな翻訳だって、多かれ少なかれ古びます。
 僕の翻訳だっていつか古びます。
 翻訳は原理的に更新されることが必要なのです」

 当山は現在のところ、残念ながらサンスクリット語を学んで経文の原文にあたる力がなく、漢文を原文扱いしながら活動しています。
 しかし、修法中にご本尊様と一体になるべきところではオリジナルである真言を用いています。
 また、オリジナルから「よりわかりやすく、より時代の要請に添った」ものへ翻訳する力はなくとも、漢文を「より理解しやすい」読み下し文にして皆さんと共に理解を深めようと努めています。
 次の世代では、「永遠の定点」をよりしっかりと用い、同時に、説かれた真理・真実を誰もがより理解できるよう、新しい翻訳のような作業がなされることを期待しています。
 ご縁の方々と共に、オリジナル・テキストも、翻訳テキストも有効に用いた宗教活動を行い、安心と救済の場であり続けて欲しいと願ってやみません。
 
 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ