コラム

 公開日: 2015-12-07 

Q&Aその17 ─母親の貯金箱から勝手にお金を使ってしまった娘へのしつけは?─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈護摩の炎に顕れた龍神様〉

 ある時、娘さんを育てているシングルマザーAさんから人生相談がありました。

「小学生の娘が私の貯金箱から一万円札を盗って友だちと使ってしまいました。
 初めてのできごとで、私も混乱し、酷く叱りつけました。
 そして当分、お小遣いをやらないことにしましたが、あまりの落ち込みように心配しています。
 そうかといって、ここで甘やかしてしまえば、父親がいないから厳しさが足りなかったということになるようで、どうすればよいかわかりません」

 娘さんの性格やこれまでの生活ぶりなどにしばらく耳を傾けた後で、こんなお話をしました。

「娘さんの気持はわかります。
 いわゆる〈ぐれた〉状態ではなく、お母さんとの心理的距離が近いので、お金を含む持ちものについて自他の区別が甘いのでしょう。
 そうした例はいくつもあります。
 盗んだからといって、外で万引きをしたのとはまったく違います。
 恐らくお友達と一緒にどうしてもやりたいことがあったのでしょう。
 また、「ばれたら謝ってそのうちに返せばよい」という生来の甘さもあるのでしょう。
 しかし、〈そのうち〉はなかなか来ないものです。
 ところで、何か最近、特段のできごとはありませんでしたか?
 母親として、娘さんにこれまでと違ったふれ合いをしたり、女性としてこれまでと違った面を見せたりはしませんでしたか?
 たとえ小さな変化でも、母親と密着して生きている娘さんにとっては大きく、なかなか消化できないことだったのかも知れません。

 さて、貴女が娘さんをはっきりと叱ったのは当然です。
 しかし、叱ったことが本当に意味を持つためには、許しも必要です。
 恩赦、特赦という言葉があります。
 仕事がうまくいったとか、宝くじに当たったとか、娘さんのテストの成績がよかったとか、何かをきっかけにして、その 「福」を家族で分かち合うという形はどうでしょう。
 母娘が一緒に喜び、それと共に罪一等を減じてあげるのです。
 そうすれば、娘さんにとって今回のできごとは、母親への反発や怨みを抱くきっかけにならず、いつか大きな感謝を伴ってよみがえる貴重な記憶となることでしょう。

 そして、どうせ許すなら、怨みや怒りや恐れなどが固まらぬうち、早い方がいいですよ。
 娘さんは、善悪がわからないのではなく、善悪はわかった上で、やむにやまれない心理的要求によって行ったのでです。
 ここで大事なのは、痛い目に遭わせて正邪善悪を教え込むことよりもむしろ、動揺し、あるいは凝ってしまった心理を解きほぐし、本人が〈知っている〉善悪にすなおな気持で従えるよう導くことではないでしょうか。
 しばらく罰を与え続け、時間をかけて思い知らせようとすることはほとんど無意味です。
 優秀な娘さんはもうとっくに、知っているのです。
 心理的状況がどうにもならぬところへ行く前に手を打ってください。
 そうすれば娘さんの心に本当の懺悔や感謝が生まれ、母娘で涙ながらに手を取り合うような気持になれるかも知れません。
 哀しいできごとを、感激のできごとに転化できるのです。
 どうぞ遅くならないうちに、間合いをはかり、ここぞというタイミングでサプライズのビッグプレゼントを与えてください。
 もうすぐ、クリスマスではありませんか」

※これは、ご本人のプライバシーのため、状況も内容も事実とは異なる〈物語〉になっています。

 今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ