コラム

 公開日: 2015-12-25 

お斎(トキ)とお地蔵様

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 かつて、伴侶を亡くしたAさんからご葬儀後のお斎(トキ)に招かれた際に言われた言葉が忘れられません。
「住職に居ていただきたいんです」

 突然、伴侶に先立たれたAさんはほとんど茫然自失、ご友人に連れられて当山を訪ねられました。
 さっそく葬儀屋さんに来ていただいて手順のうち合わせを始めましたが、百か日までのご供養を終えた後に行う会食について決めねばならず、小生が出席できるかどうか訊かれました。
 予定がギリギリだったこともあり、失礼させていただきたい旨を述べたところ、会食を行わない方向へ話が行きそうになりました。
 慌てて、私のことは気にせず、どうぞ皆さんでゆっくりしてくださいと声をかけた時に返って来たのが冒頭の言葉だったのです。

 これには衝撃を受けました。
 小生は常々、通夜振る舞いでも、お斎でも、酒を口にしないのはもちろん、出席しない、あるいはできない場合が少なくありません。
 皆さんのおもてなしや感謝のお気持はよく理解できるし、ありがたいと思いますが、ご葬儀関係の法務は、スケジュールどおりにやっている日常の法務へ飛び込んでくる突発的かつ緊急の法務なので、日程のやりくりが厳しくなりがちです。
 また、ご遺族の方々にとって一生のうち何度もない大変な時に、なるべく負担をおかけしたくないという思いがあり、送迎もお断りしています。
 そもそも行者たる僧侶は本来、どこへでも自分一人で動き、いかなる〈現場〉でも一人で修法を完結させねばなりません。
 もちろん、後進の人を育てるためには連れて歩くようになるだろうし、あるいは高齢になればどうなるかわかりませんが、少なくとも今は、こうした姿勢でやっています。
 そうした中での「居て」欲しいというご要望は、まったく思いもよらないものでした。

 常々、皆さんは何を思い、何に困り、何を望んでおられるのかと考え、極力、皆さんの気持や願いに添った法務を行うつもりでいるのに、さっぱり気づかなかった自分が情けなくなりました。
 会食は、弔問者へのおもてなしであり、お世話になった方々への慰労であり、聖職者への供養であるという形しか見ていませんでした。
 たとえ小生のごとき者でも、仏界との橋渡しを務める僧侶がそこに居ることを安心と受けとめてくださる方がおられるとは気づきませんでした。
 まことに不明の至りです。

 ところで、最近の人生相談では今まで以上に、皆さんの言葉へ耳を傾けています。
 ご本尊様と一体になった気持で、よく聴いているつもりです。
 悩み、苦しみ、壁にぶつかっている方々はどなたも真剣です。
 精一杯、与えられた人生を生ききりたいと願っておられます。
 小生の仕事はまず、そこに居合わすことだと考えています。
 自分の行き先を求める皆さんは、どうすればいいでしょうか?と幾度も訊ねているうちに、だんだん、ご自身の中でまとまってくるものがあり、光を感じたりもされます。
 あと一歩の力が欲しいと思わる場合には、ご祈祷やご加持(カジ)やご供養などを行います。
 
 路傍に立つお地蔵様は、ただ立っているだけで何も言いませんが、至心に心を向けると必ず目に見えない通じ合いが生まれます。
 そして、急時には思いがけないご加護をくださったりもします。
 人生相談を受ける行者としては、お地蔵様の爪の垢ほどでも役立ちたいと願うのみです。 

 身内を亡くすのは人生の急時です。
 修法を行うだけでなく、もう一歩、皆さんに身近なところにも居れば、もう幾ばくかお役に立てるかも知れません。
 Aさんはとても大切なことを教えてくださいました。
 その都度、状況をいっそうよく観て、ますます精進したいと肝に銘じています。

 今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ