コラム

 公開日: 2016-01-07 

イラク戦争と靖国神社への祈り(その1)

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




〈今年のお正月も、仙台市泉区に造りつつある『みやぎ四国八十八か所巡り道『』へお詣りしました〉

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、小生は、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 やむにやまれぬ思いは文中にある。

「本堂において戦争犠牲者の供養を毎日行ってはいるが、それだけではなく、神と仏が争わぬ日本の国ぶりの重要性を口にする者として、自ら汗をかいてそれを体現せねばならなかった。」

 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

○宮城から徒歩で出発し靖国神社へと托鉢行(1月22日)

 日本の行く末にはっきりと暗雲が立ちこめてきた状況に鑑み、宗教者としての役割を果たすため、靖国神社まで歩いて行き、戦没者の御霊をご供養すると共に、もうすぐ戦後60年にならんとする今日、江戸から明治にかけて熟成し世界最高の水準にあった道徳・ふるまい・教育などを無惨なまでに荒廃せしめたことをお詫びし、国が護られ道を誤らぬよう祈ることを決意した。
 出発は平成16年の「初不動」となる28日朝とし、何日か歩いては法務を行うため途中から引き返し、翌日バスや電車などでそこまで行ってからまた歩き出すというやり方で、何日かかっても完遂(かんすい)する所存である。

 右をとるか左をとるかという政治的立場を宣揚するのではなく、み仏の教えを胸に「人争わず国戦わぬ世界を創ろう」とのメッセージを背に黙々と歩きたい。
 国民一人一人が、日本のあるべき国ぶりと、人の生き死にと、人の為す最も残酷な行為である戦争の真姿とに深く思いをいたし、あらゆる場面で賢明な選択ができるよう祈ってやまない。

○準備(1月25日)

 今日も準備に追われました。
 ようやくノートパソコンも稼働し始め、あとは体調を整えるだけです。

○準備(1月26日)

 今日の人生相談では、写真家を目指す娘さんの作品にとても深い視点があって感心した。
 自分で自分を追いつめ、日常生活のあちこちに苦がまとわりついて心の安寧がなかなか保たれぬ厳しい精神状態におられるのだが、カメラを構え自分の思う枠内に切り取られる世界は、自分を納得させ自分がそこで解放されておられるのかも知れない。

 法務に追われているうちにチョウチンに灯が欲しい時刻になってしまい、準備はさっぱり進まない。
 あろうことか、実に久方ぶりの風邪で咳が出、微熱もあるが、大事を行おうとすれば魔ものが邪魔をしに現われるのはあたりまえだから、「おう、そうかそうか。受けて立とう」といったところである。

 半年前、未明に『イラク特措法』が成立した去年の7月26日は、3度にわたって大地震が東北地方を揺るがした。
 第1回目は午前0時、M5・5震度6弱。
 その後、午前7時、M5・2震度6強、午後5時、M5・3震度6弱と続き、27日現在、負傷者569人、家屋損壊5800戸という大惨事となった。
 地震が1日中続いたこともあってマスコミは朝から晩まで地震関連のニュースを報道し、初めて自衛隊が硝煙漂う海外の地へ出兵するという重要法案の成立は陰に隠れた。
 しかし、あの時、お大師様の末徒として、「人間の心と周囲の環境世界は鏡のように影響し合い、お互いを照らし出す」という教えに照らし、この2つのできごとは文字通り表裏一体に違いないと判断し、このまま進めば顕現するであろう3つの未来を観たのである。

 1つは、出兵により東北地方が大きな影響を受けること。
 もう1つは、震度・回数・負傷者数・物損量がすさまじいにもかかわらず死者が一人も出なかった奇跡に見るとおり、国難に雄々しく立ち向かう人々が東北地方に出現すること。
 そしてもう1つは、兵員たちが重大な危険にさらされることである。

 ホームページには、こう記した。
 心身を落ちつかせ、至心に合掌し、その光の中で心の底の底へ問いかけましょう。
「若者を国外で戦わせられるか。本当に、国境を越えた出兵しか日本の歩むべき道はないのか………。」

 当山へも自衛隊関係者やそのご家族が何人も足を運ばれている。
 たった一人でも犠牲者を出してはならない。
 ご加護を信じて時を待とう。

「おん ばざら たらま きりく」
 今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ