コラム

 公開日: 2016-01-13 

王と奴隷の話 ─他者を傷つける魔者としての王について─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。




 39才の作家中村文則氏はかつて、フリーターをしながら作家になるつもりだった。
 その頃は正社員が「特権階級」のようになっており、「面接の段階で人格までも否定され、精神を病んだ友人もいた」という。
 氏は、1月8日付の朝日新聞『不惑を前に僕たちは』において、アルバイトの視点から観た光景を描いている。

「そのコンビニは直営店で、本社がそのまま経営する体制。
 本社勤務の正社員達も売り場にいた。

 正社員達には『特権階級』の意識があったのだろう。
 叱る時に容赦はなかった。
 バイトの女の子が『正社員を舐(な)めるなよ』と怒鳴られていた場面に遭遇した時は本当に驚いた。
 フリーターはちょっと『外れた』人生を歩む夢追い人ではもはやなく、社会では『負け組』のように定義されていた。
 
 派遣のバイトもしたが、そこでは社員が『できない』バイトを見つけいじめていた。
 では正社員達はみな幸福だったのか? 
 同じコンビニで働く正社員の男性が、客として家電量販店におり、そこの店員を相手に怒鳴り散らしているのを見たことがあった。
 コンビニで客から怒鳴られた後、彼は別の店で怒鳴っていたのである。
 不景気であるほど客は王に近づき、働く者は奴隷に近づいていく。」

 バイトを苛(イジ)める正社員が客に苛められ、その腹いせとして、他の店で客となって店員を苛める。
 これは修羅と地獄の連鎖ではないか?
 学校で教師を怒鳴りつけるモンスターペアレント、病院で治療に難癖をつけるモンスターペイシェント、皆、同類であろう。
 子供には、家庭で親から圧迫される腹いせに学校で仲間を苛めるといったパターンができ、社会では格差が苛めのパターンをつくり出した。
 〝(奴隷の身から自分を解放するために)どこかで王になりたい〟、とは、あまりにも哀れで情けなく、恐ろしい話ではないか。
 しかも、王は〈いっとき〉、奴隷は〈日常〉である。
 こんな行動はまったく救いになり得ない。
 それどころか、他者への攻撃性は麻薬のように心を蝕み、やがては〈世間〉そのものへの理不尽な行動に駆り立てるかも知れない。
 また、攻撃性を巧みに利用する煽動者が何かを単純に悪と見立て、群衆を糾合するかも知れない。
 感情優先の思考停止が憎悪、差別、排除、争い、戦争へとつながって行きかねない。
 大和の国、日本はどこへ行ってしまったのだろう。

 この〈王になりたい〉という心理の動きは深刻に受けとめねばならない。
 自分がどれだけこの心理に影響を受けているかは簡単に調べられる。
 それは、心の中に〝あいつら!〟という他人、他国、他のものへの蔑視や憎悪があるかどうかである。
 また、政治家などが、この心理を利用して何かを企む危険な者であるかどうかを調べる方法も同様である。
 誰かを、他国を、何かを強く蔑視させ、憎悪させようとする者に引きずられれば悲惨な未来を引き寄せることになりかねない。
 かのヒトラーは、その道の天才だったではないか。

 家庭であれ、職場であれ、人間関係を円滑にやって行くには、誠意と智慧と努力が欠かせない。
 1対1の人間関係においてすら、うまくやる単純な方法などというものはない。
 迷いも我慢もつきものだ。
 それなのに誰かを悪者にし、あいつをやっつければよいなどという、社会を、あるいは国際関係を一刀両断するすような単純な議論など、どうして信用できようか?

 今の私たちに最も求められているのは、多くの人々が奴隷化し、〈いっときの王〉であることを望まずにはいられない社会の現状をまず、ありのままに把握することではなかろうか?
 そして、この問題を根本から解決しない限り、〈他者を傷つける魔者としての王〉という哀しい幻から逃れられないという現実を直視することではなかろうか?
 そして、これをこそ変えねばならないと気づき、その方法を真剣に考えることではなかろうか。
 ゆめゆめ、〈王になりたい〉という心理に絡め取られないよう、煽動者に心理を利用されないよう、心したい。

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8


 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ