コラム

 公開日: 2016-03-01 

3月の行事予定 ─震災供養会・彼岸供養会・例祭・寺子屋・書道教室・お焚きあげ─

 おはようございます。
 皆さん、今日もお会いできましたね。
 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故の現場をはじめ、復興に尽力しておられる方々に、み仏のご加護がありますよう心よりお祈り申し上げます。

 平成28年3月の行事予定です。





[東日本大震災犠牲者追悼「般若心経百万返供養会」] 2016/3/6(日)午前10:00~12:00

 あれからもうすぐ5年になりますが、復旧・復興はまだまだこれからという状況です。
 たくさんの方々があの日に〈続く〉生活を余儀なくされ、次のステップへ踏み出せずにおられます。
 原発事故にいたっては、いまだに事故の全容解明がメドも立たず、具体的かつ現実的な避難計画もないままに次々と原発の再稼働が行われています。
 当山は、今年も般若心経百八巻の供養会を行い、全国で1万人の方々によるご唱和をもって百万巻の大供養会となるよう願っています。
 古来、ご先祖様が行ってこられた方法で、まことを尽くそうではありませんか。
 当日は例祭に当たり護摩法も行いますので、お盆の迎え火のように御霊の降臨を感じられるかも知れません。
 途中参加や途中退席もかまいません。
 どうぞどこかで、一巻だけでもお唱えいただきたく存じます。
 なお、お塔婆を立てて供養されたい方は、電話やメールなどでお申し込みください。
 参加された方には「般若心経御守」をお授けします。
 また、写経の納経もお受けしています。
 参加は無料。納経などのご志納金は皆さんの判断で結構です。

・場  所  大師山法楽寺
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[第一例祭] 2016/3/6(日)

 今月は、震災の供養会と一緒に行います。

[書道・写経教室] 2016/3/6(日)午後2:00~午後3:30

 髙橋香温先生の熱意と誠意を感じられる貴重な時間です。
 書道の基本を学び、100文字の写経も行います。
 イス席もありますので、お気軽にご参加ください。
・場  所  大師山法楽寺
・指  導  書道師範高橋香温(温子)先生
・ご志納金 1000円(未成年者500円)
(毎月第一日曜日午後2時から開催します)
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

◎高橋香温先生の個展「永遠のしずく」が開かれます。どうぞおでかけください。

・日  時 3月11日~16日 9時~22時(最終日は18時まで)
・場  所 日立システムズホール仙台 3階ギャラリ―(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5  地下鉄旭ヶ丘駅前)

[第七十三回寺子屋『法楽館』 ―映画「『日本と原発』 4年後」を観る─]2016/3月12日(土)

 河合弘之弁護士は映画監督として、仕組みや歴史や福島の事故など、日本における原発のすべてを描きました。
 東日本大震災と福島原発事故から5年が経つ今、現実を直視し、日本のあり方を根底から再考しましょう。

〈第一会場〉14時~16時30分
・場  所 大師山法楽寺
・参加費 1000円
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

〈第二会場〉17時30分~20時
・場  所 日立システムズホール仙台 研修室第3(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5  地下鉄旭ヶ丘駅前)
・参加費 1000円

 第一会場は第二会場の4倍ほどのスペースがあります。

[第二例祭] 2016/3/19(土)午後2:00~3:00

 護摩法を行います。
 お経の多くが読み下し文なので、内容がとても感じやすく、理解しやすくなっています。
 み仏と万物と万霊をご供養し、願いをかけましょう。
 その月の守本尊様をお讃えする「讃歎経(サンタンキョウ)」は、リズムが良くとても読みやすく、何度も口にしているうちに、だんだんと有難味がわかってきます。
 太鼓と共に般若心経も唱えましょう。
 自由参加です。
 み仏の智慧が輝く護摩の火に身を近づけ、悪しきものは焼き祓い、善き願いへ大きなご加護を受けてください。
 (願い事を書く護摩木供養は1体300円です)
・場  所 大師山法楽寺
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[彼岸供養会] 2016/3/20(日)午前10:00~11:00

 お彼岸には「仏道精進」と「報恩感謝」と二つの意義があります。
 ご本尊様とご先祖様へ感謝のまことを捧げ、ご恩に応える心を発し、六波羅蜜(ロッパラミツ)の実践に励むことこそ、真の供養となります。
 当山では、お大師様のご尊前へ当山で用意したお菓子などを捧げていただきます。
 また、お大師様から伸びた五色の紐を手にはさめば、ご加護が実感できます。
 土砂加持(カジ)法を結んだ「御加持砂」もお授けいたします。
 ぜひ、お揃いでお出かけください。
 また、修法後、講堂横の『不戦堂』にて「不戦日本」の祈りを捧げます。
 こちらにも、どうぞ、ご参加ください。

・場  所 大師山法楽寺
・送迎申込 開始30分前に地下鉄泉中央駅そばの『イズミティ21』前へ送迎車がまいります。
 乗車希望の方は前日午後5時までに必ずご連絡ください。

[お焚きあげ] 2016/3/26(土)午前10:00~11:00

 最終土曜日、お不動様の前で「供養会」を行い、「お焚きあげ」を行います。
 人形や手紙や写真や時計、あるいは御守や御札や仏壇や神棚など、燃えるものも、燃えないものも大丈夫です。
 一緒にお不動様のお経を読み、真言を唱えましょう。
※お焚きあげをご希望の方は、必ず電話などで日時を連絡の上、お品をご持参、あるいはお送りください。
 当日とは限らず、いつでも結構です。

[機関誌『法楽』の作製] 2016/3/28(月)午前9:00~

 講堂にて、機関誌『法楽』を作り、機関紙『ゆかりびと』と共に発送しますので、ご協力をお願いします。
『実語教・童子教』も共に学びましょう。
 おかげさまにて、『法楽』は第314号、『ゆかりびと』は第177号となります。
・場  所 大師山法楽寺

[隠形流(オンギョウリュウ)居合道場]

 仏法に生きる身と心をつくるために行います。 
 九字を切り、守本尊様のご加護をいただく密教独自の剣法です。
 高齢者の方々や女性が多く、厳しいながらも和気藹々(ワキアイアイ)と稽古しています。
 入門ご希望の方は、事前に連絡の上、まず、見学してください。
・日  時 毎週金曜日 午後7:00~9:00
・場  所 仙台市旭ヶ丘青年文化センター

◎清掃奉仕の日

 毎週金曜日、ご縁の方々が最も多くおでかけになられる土曜・日曜の前日に、境内地などの清掃や草取りなどを行います。
 皆さんのご都合に合わせて、何時でも自由にでかけられ、大きな徳積みをされてはいかがでしょうか。
 その日ごとに作業のポイントを貼り出しますので、ご覧の上、どうぞご参加ください。
 どなたでも参加できます。
・日  時 毎週金曜日午前9時~午後5時
・場  所 法楽寺境内地など

 今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8

 ご関心のある方は当山のホームページ(http://hourakuji.net/)をご笑覧ください。
 山里の寺から、有縁無縁の方々の、あの世の安心とこの世の幸せを祈っています。合掌

この記事を書いたプロ

大師山 法楽寺 [ホームページ]

遠藤龍地

宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL:022-346-2106

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

○Aさん(中年女性)の場合 心身の不調を縁としてご加持を受け、自分の願いが通じると実感されました。 そして祈り方を覚え、商売や家庭にさまざまな問題を抱えなが...

 
このプロの紹介記事
遠藤龍地 えんどうりゅうち

人々が集い、拠り所となる本来の“寺”をめざして(1/3)

 七つ森を望む大和町の静かな山里に「大師山 法楽寺」はあります。2009年8月に建立されたばかりという真新しい本堂には、線香と新しい畳のいい香りが漂います。穏やかな笑顔で出迎えてくれた住職の遠藤龍地さんにはある願いがありました。それは「今の...

遠藤龍地プロに相談してみよう!

河北新報社 マイベストプロ

宗教宗派を問わず人生相談、ご祈祷、ご葬儀、ご供養、埋骨が可能

所属 : 大師山 法楽寺
住所 : 宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 [地図]
TEL : 022-346-2106

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

022-346-2106

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

遠藤龍地(えんどうりゅうち)

大師山 法楽寺

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 世間は万華鏡 ]

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 不戦堂建立への道 ]

12月の守本尊様は千手観音菩薩です ─救われる時─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 今月の守本尊様・真言・聖語 ]

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─
イメージ

 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被災された方々と、原発事故...

[ 仏教・密教 ]

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─
イメージ

 おはようございます。 皆さん、今日もお会いできましたね。 今般の大災害に際し、亡くなられた方々と、被...

[ 葬儀・供養の安心 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ